恋愛・婚活 PR

【両片思いの大人】関係の進展の方法と行動について

【両片思いの大人】関係の進展の方法と行動について
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

両片思いとは、お互いに好き同士なのにすれ違いでそのことに気が付いていない。

つまり両想いなのに、まだ二人が片思いをしていると思っている状況のことです。

何とも初々しく、可愛いと周りは応援したくなりますが、本人たちからしたらもどかしい期間ですよね。

学生の時はもちろん、大人になってからもこの“両片思い”で悩む男女は多く、大人だからこそすれ違いが大きくなると両想いなのに諦めてしまうと言った切ない終わりを迎えてしまう事もあるのです。

もし自分や周りの人で両片思いをしていたら気付くことは出来るのか。

また、どうすれば関係を進展させることが出来るのか。

この記事が、そんな悩みに寄り添った内容になればと思います。

【両片思い 大人】両思いになる方法

【両片思い 大人】両思いになる方法

お互いの気持ちに気が付くためには、片思いから両想いになるにはどうすれば良いのか。

まずは、この問題から解決したいですよね。

でも、両片思いから両想いになるのは、難しいのではないのだろうかと思う方も多いのではないでしょうか。

ここまでこじらせた関係ですから、何かきっかけがないと難しいと言うのは事実で、時間がかかると言うのもあり得ます。

しかし、元となる二人の気持ちは既に同じなので、お互いの気持ちさえ知ってしまえば既に両想い確定間違いなし。

大人になったからこそ、周りは無理に二人の関係に介入はせず見守っているでしょう。

周りの応援も勿論受けながら、両想いになるために、今できることを少しお伝えしますね。

方法は意外にも簡単なものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

両思いになる方法1・二人で会う

数人で会う事が多かったり、二人きりになることが少ないからこそ、お互いの気持ちに敏感になりにくいです。

だからこそ、二人で会う機会を作るのが大切です。

両片思いの関係が成立していれば、互いに二人で話したい。デートに誘いたいとそわそわしているはず。

まずは勇気を振り絞って二人で会う機会を作ることで、お互いの気持ちを認識するきっかけに繋げましょう。

二人で会うことが出来れば、ランチでも、ディナーでもカフェでも、時間や場所は大事なようでそこまで重要ではありません。

あまりにも雰囲気がデートとかけ離れてさえいなければ、いつもの日常で無理なく楽しめる場所が好ましいと思います。

そうすることで、気構えることなく、普通に接することが出来、自然と恋愛話なんかに持っていくことが出来たら、そこで初めて両思いだと言うことに気が付けるのではないでしょうか。

両思いになる方法2・どんな人が好きなのか聞いてみる

男女の話題でよく出てくるのは、どんな人がタイプなのか、好きなのかと言う話題。

気になる相手がその会話の中に居ると、答えを聞くのがドキドキしてしまいますよね。

もし、好きな人が居ると言ったら。

その好きな人の特徴が自分とは違う人だったら。

同じ一秒でも長く感じる一秒を何秒も待つことになる拷問のような時間ではありますが、気になって仕方がない話題だという事も確か。

だからこそ、勇気を出して聞いてみましょう。

もし両片思いならば、相手も好意を寄せてくれているはず。

そんな話題を好きな人に向けられたら、これは意識してもらうチャンスだと思い、その相手の特徴を話してくれます。

自惚れだと思うかもしれませんが、その特徴が当てはまっていて、たどたどしかったり、反応を気にする様子がうかがえたら、それは遠回しの告白。

勘違いだったらどうしようと思う前に、自分の直感を信じて告白に繋げましょう。

気持ちは通じるものですから、相手の少しの変化にも気にかけて、受け取れるようにしたいですね。そして同時に、自分の気持ちも伝えるための勇気も持っていたいものです。

両思いになる方法3・率直に気持ちを伝える

一番早いのが、率直に自分の気持ちを相手に伝えると言う方法。

告白してしまいましょう。

と、いう事ですね。

ハードルが高すぎると思うかもしれませんが、両片思いの関係性が結ばれるのには、何といってもタイミングが一番大切になってくるのです。

自分だけが片思いをしていると思い、互いにすれ違ってしまっているので、苦しい時期も一緒。

つまり、どのタイミングでどちらが気持ちを諦めようと引いてしまってもおかしくない状態。

せっかく気持ちが同じなのに、タイミングが合わずに思いが通じ合わなかった。

なんて、後悔してもしきれませんよね。

だからこそ、気持ちを伝えれる時に伝えておくべきなのです。

駆け引きなどせずに、素直にありのままで。

真っ直ぐな気持ち程嬉しいものは無いです。それが両片思い同士の関係なら尚更。

思い切って、告白すること。それが両想いへの一番の近道なのです。

両思いになる方法4・自分磨きをして魅力を高める

どうしても相手へのアプローチを掛けるのが苦手だと言う方は、自分磨きに専念すると良いかもしれません。

自分の好きな相手が、急に綺麗になったりかっこよくなったら、魅力を感じるのと同時に何かあったのだろうかと不安になりますよね。

例えば誰か好きな相手が出来たのだろうか。

もしかしたら恋人が出来たのだろうかと。考えるのはきっと、恋愛面での変化への不安ごとばかりなのではないでしょうか。

見た目の変化程、相手に与える焦りや不安は大きいものです。

それが両片思い同士なら尚更、誰かに取られてしまうんじゃないかと急に焦り始めるものです。

そして焦りや不安は行動に変わり、相手を動かすことに繋がり、結果両想いになれるためのきっかけになるのですね。

【両片思い 大人】行動

【両片思い 大人】行動

次に、両片思いをしている人に共通する行動パターンはあるのか、について考えていきましょう。

もし行動パターンがあるのであれば、自分と相手がそうなのか知れるきっかけに繋がるかもしれませんよね。

しかし、行動と言っても人それぞれ個性はあるしそれが必ず両片思いの行動ではないのではないかと不安になってしまいます。

今の関係を壊したくないと言う思いもあるからこそ、過度な期待はしたくはないはず。

では、第三者の目になってみましょう。

自分のことではなく、他の友達や知り合いなどに両片思いをしている男女が居ると、周りには結構バレバレだったりしますよね。

意外と周りは察しているもので、自分もその目になって観察したという事があるのではないでしょうか?

だからこそ、自分の行動と好きな相手の行動パターンを第三者の目になって見てみる。

という事が大切なのです。

では、どのような行動パターンが挙げられるのか、一緒に考えていきましょう。

行動1・よく目が合う

好きな人ほど目で追ってしまう。それは大人になってからも変わらないもの。

意識しているのではなく、自然な行動なので、自分では気が付いていないかもしれません。

それは男女で共通することなので、よく目が合うなと思ったなら、それは相手も同じように自分のことを目で追っていると思っていいです。

そして目が合った時に、直ぐに反らしたり気まずそうにしたり、嬉しそうな反応があれば、もしかして…と期待してしまうのが恋心。

その期待、間違えていないかもしれませんよ!無意識の行動程、感情が現れているのですから。

無表情でジーっと見てきたり、険しい顔つきの場合は、別の理由があってみている可能性がありますが、相手の反応次第では良い傾向かもしれませんね。

行動2・大勢で居るときでも、近くに居る

飲み会やバーベキューと言った、大勢で集まる場所に二人が居る場合、自然と隣同士に座ったり、近くに居ると言ったことがあると思います。

自然と目で好きな相手を追ってしまうのと同じように、距離も近くなるのです。

それは、目に見える他の脅威から好きな人を独り占めしたいと言う独占欲から来ているのかもしれません。

大勢の集まりという事は、もちろん他の異性も居ますからね。

例えその異性たちが好きな相手のことを恋愛対象として意識していなくても、どうしても警戒してしまいます。

「この人は渡さない」と、他の人たちに見せつけると言う意味でも近くを独占してしまうのでしょうね。

それが両片思い同士ならば、お互いに同じ行動を取るので、より自然に近くに居ることが出来るのではないでしょうか。

自分から行かなくても、向こうから来てくれたら嬉しくて飛び上がってしまいますね。

行動3・恋愛の状況を探って来る

どうでも良い異性の人に、最近の恋愛事情を話されても、「そうなんだ」位にしか興味がわかないと思いますが、好きな人の恋愛事情となると、そうはいきません。気になって気になって仕方が無いはずです。

好きな人に好きな人が居ると言う噂を聞いただけで、どうしようとなりますよね。

大人になると他の人からそう言った噂を聞くことは少なくなるので、自分で聞くしかありません。

大人の世界は事後報告が殆どなので、聞く話題と言えば結婚が決まったとか、彼女といるところを見たとか。

その場に居ない関係のない人物に、好きな人が居る程度で話が盛り上がるのは学生時代までが殆どなのではないでしょうか。

だからこそ、自分から積極的に話の中で最近の恋愛事情を聞きだして、自分にチャンスがあるのかを伺うのです。

異性から、好きな人が居るのかと聞かれるとドキッとしてしまいますが、相手はもっとドキドキしているかもしれませんよ。

行動4・お互いの好きなもので共通点が増えていく

好きな人が興味のある物って、ついつい自分も調べて好きになりがちですよね。

好きな人に合わせなければと無理に好きになるのではなく、新しい発見として自分の趣味になったり、アーティストにもハマり込んだりしてしまう。

それが出来てしまうからこそ、共通点として話題に上げた時に盛り上がります。

たまたま自分の好きな趣味やアーティストが、話の中で相手と一緒だと言う発見もあるかと思います。

両片思いになる相手とは、似ている部分が多かったりするので、話の中で共通点がいくつも見つかっては嬉しくなるのではないでしょうか。

そして、その共通点を見つけたら、他には何か好きなものが一緒のことや物が無いかと探し始めるので、お互いの好きものでの共通点がどんどん増えていくと言うわけです。

【両片思い 大人】進展

【両片思い 大人】進展

相手の気持ちに少なからず確信が持てたなら、次はその関係を進展させたいですよね。

また、自分だけの片思いと言う悲しい現状を知ってしまった時にはどうにかして両片思いに進展させたいと思うはずです。

例えば、自分に気があるのではなかったのだろうかと言う相手の思わせぶりな行動。

正直腹が立ちますが、無意識でしてしまっている人が殆ど。

筆者は思い切り「思わせぶりなことしてごめんね」と、言われたことがありますが、ショックや怒りよりも、こんな人と付き合わなくて良かったと心の底から思いました。

ですから、分かっていて思わせぶりな行動をする人と、本当に無意識で思わせぶりな行動をしてしまう人には大きな違いがあるのです。

もし、好きな相手が思わせぶりな行動を無意識にしていたのならば、進展は必ず訪れるので、諦めないでください。

それでは、改めてその進展させる方法について、お話していきたいと思います。

進展1・自分が好きだと言う気持ちを隠さない

関係を進展させる方法として、自分の気持ちを隠さないと言う方法があります。

恋愛は駆け引きだと言う意見もありますが、過度な駆け引きは関係を悪化させてしまったり、向こうの気持ちが離れやすくなってしまうと言ったリスクが大きいですよね。

確かに駆け引きが必要な恋愛もありますが、両片思いで駆け引きをしてしまうと、より関係が遠ざかってしまいます。

なので、進展させるためにも好きだと言う気持ちを前面に出していきましょう。

真っ直ぐな気持ちでぶつかることが、相手にも誠実でいることが出来ますし、何より逆の立場になれば嬉しいですよね。

好きな人に好意を伝えたいけれど、振られて関係が変わってしまう事が怖いと言う心理が働くからこそ、好きだとアピールすれば安心してお互いに進展への行動が取りやすいのではないでしょうか。

進展2・特別なデートの計画をする

両片思いだと確信が持てたならば、いつもとは違う特別なデートに誘うのもありですよね。

例えば、少し高級なレストランを予約してみたり、サプライズを考えて実行したり。

特別と言っても何をすれば良いのか分からない人は、いつもより少し頑張るデートと考えると良いと思います。

大人だからこそ出来る演出もありますし、頑張りすぎてお互いに緊張してしまう環境を作るよりも、大前提で一緒に楽しめて、相手に喜んでもらえるデートの計画が必須。

いつもと違うと言うだけで、相手もドキドキすること間違いなし。

そして、自分は相手にとって特別な存在なのかもしれないと思うでしょう。

そうすれば進展までは一直線。

グッと距離も縮まり、お互いに今後のことを真剣に考える良い機会になることでしょう。

進展3・冷静に、慌てず距離を縮める

もし相手が自分に気がなかったことを知ってしまった場合。

矢張り両想いになりたい。否、まずはその前の段階の両片思いまで関係を進展させたいと思いますよね。

中には相手が自分に気が無いのならば諦めようと思う人も居るかもしれませんが、一度自分にチャンスを与えてもいいのではないかと思うのです。

相手と早く両想いになりたいからと焦るのではなく、まずはゆっくりと今以上に距離を縮める事に専念するのです。

もう諦めようと思っている人は、諦める前にもう一度、お互いのことを知る機会を作ってみてください。

そして、上記で述べたように共通の趣味や話題を見つけて更に距離を縮めて、相手に意識してもらうように自分の好意を前面に出すのです。

焦らず、ゆっくりと関係を進めていこうとすることで、相手の良い所も更に発見することが出来たり、自分のことを知ってもらう事にも繋がります。

焦ると相手は距離を取ろうとするかもしれませんから、焦らずゆっくりが大前提です。

そして距離が縮まれば、必ず今の関係性から進展するはずなのです。

進展4・一度、距離を取ってみる

駆け引きは良くないと先ほど述べたばかりですが、相手が自分に気がないと分かれば、一度距離を取り自分の中で作戦会議をする時間を設けましょう。

一種の休憩タイムですね。

そうすると、相手も急に距離が出来たことで不思議に思うでしょうし、距離を取る前にあなたが積極的だったのならば、少なからず気になるはず。

だからと言って、相手を焦らすために距離を取るのではなく、違うアプローチ方法に変えるための距離なので、相手の心情の変化の期待は頭から離しておきましょうね。

その離れた期間で、どうやって進展するのかを試行錯誤しながら、自分磨きも怠らないようにすると更に良いです。

離れたことで、客観的に自分を見ることが出来、相手との関係の中で何が足りないのかが見えてくるはず。

そうすれば、新たなアプローチを掛けることが出来るようになり、更に見た目が変わっていることで自信にもつながり、進展させやすいのです。

【両片思い 大人】関係

【両片思い 大人】関係

では最後に、両片思いになる二人の関係性について、考えていきたいと思います。

関係性と言うのは、恋愛感情が育つまでの、二人の関係性。例えば、仲の良い友達たちの一人だったり、同じ職場の同僚だったり、飲み仲間だったり、昔からの腐れ縁だったり…。

世の中に縁と言うものは数えきれないほど存在し、私たちはそんな縁の元で沢山の関係を築き上げています。

その中で、恋愛関係に発展するのかしないのかは人それぞれですが、お互いを意識しやすい関係も存在しますよね。

例えば、同期だったり、よく遊ぶ友達だったり、昔からお互いを気に掛ける仲だと、自然とそういった感情も芽生えやすいのではないかと思います。

今回は、そんな中から代表する4つの関係性を紹介していきたいと思います。

関係1・同じ会社の同期や、同僚

大人になると、一日の殆どは仕事場ですよね。

そして関りが多いのも、そんな職場の同僚達。仕事は緊張感がある場所で、失敗をしてしまい落ち込んだり、成功をして喜んだりと、ありのままの姿をさらけ出しています。

お金のためだと割り切れる人も居ますが、そんな場所だからこそ、頼れる存在の人や、何でも悩みを話せる相手が欲しいと思ってしまいます。

そんな中で、特に両片思いに発展しやすいのは、同じ年に入社した異性の同期ではないでしょうか。

同期という事もあり年も近いでしょうし、何より悩みにも共感してくれる良き理解者となるからです。

同期と言うだけで特別感はありますし、近くでお互いの頑張りを見ているからこそ、惹かれ合っていくのではないでしょうか。

関係2・飲み仲間

今のご時世では少し難しいのかもしれませんが、友達とお酒を飲みに行った席で、意気投合した他のグループと飲むようになり、飲み仲間として関係が築かれると言うことはよくありますよね。

お酒の席でしか出会うことの出来ない相手もまた、両片思いの関係性に達…しやすいのです。

筆者の周りにも、飲み仲間だった友達と結婚することになり家庭を築いている友達や知り合いが多いです。

出会いが目的の合コンとかではなく、単純にお酒を一緒に飲むと言う相手と。

どうしてそういう関係になるのか、謎ですよね。

飲み仲間と言ってもいつも一緒に居るわけではありませんし、ましてやプライベートで仲良くなるなんて難しいのではと思ってしまうほど、あまりイメージは良くないかもしれません。

しかし、お酒の入った席だと自分を繕わないですし、自然体でいることが出来ます。

そして普段の日常の中で不意に連絡が入ったりすると、普通に知り合った関係の人よりも意識しやすいと言うのが特徴かもしれませんね。

関係3・同じ境遇の人

例えば、転職中の活動の中で出会った人、セミナーでよく見かける人。

出勤時間が同じなのか、毎朝同じ電車の同じ席で近くに座っている人。

等、少しの事でもそう言えばよく見かけるなと思う相手はいませんか?

その相手の方は、時間や事情、人生の段階と言った境遇が同じ人だと言えます。

ただ見かけるだけで、話したことも無い相手が突然、恋愛対象になると言うドラマのような展開が、実はあるのです。

気が付いているのは向こうも同じ。セミナーのような会場であれば、何かの拍子に挨拶することがあり、そこから親密になることも。

そして公共の交通機関でもきっかけさえあれば親しい中になることは十分あり得るからです。

そんな境遇が同じと言う人との出会いは、お互いに謎が多いままでのスタートですから、興味が好意に変わることが多いのです。

関係4・昔からの腐れ縁

そして最後は、昔からの腐れ縁の相手ですね。

幼馴染であったり、同じ学校の同級生や先輩、後輩関係の相手だったり。

何故か年をとっても傍に居るなと言う相手は、属に言う腐れ縁です。

そんな相手だからこそ、お互いに良い所も悪い所も知っていて、それでも一緒に居るという事は、ストレスにならない良い関係性が築けているからこそ。

信頼関係が出来上がった腐れ縁同士、好意を寄せていてもおかしくはありませんよね。

昔からの仲だから、そんな恋愛なんてありえないと言う人も居るでしょう。

筆者の周りにも、大人になって中学生の時の同級生と付き合い、そのまま結婚したと言う友達が居ます。

結局はお互い気心が知れているから、駆け引きなんて必要なかったし、何も言わなくても分かってくれたり。

気を使わなくても良いと言うので恋愛感情に発展するのは早かったとのことでした。

確かに、久しぶりに昔の異性の友達と会い、お互いに成長していると意識してしまうかもしれませんね。

【両片思い 大人】まとめ

以上で述べたように、大人になってからの両片思いは色々な視点から見て発展させるのに苦労すると思われがちですが、少しの勇気と行動で大きく関係性を進展させることが可能です。

しかし、大人だからこそ、慎重になってしまう。

相手と今の関係のままで居られるのならば、このままでいいのではないのかと。

しかし、両片思いで一番大切なのはタイミング。

好きな相手と同じ気持ちだからこそ、大切な相手を手放せてしまう事にならないように、この記事を通して行動しようと思える勇気が出来たらと良いなと思います。

両片思いは、当人たちはとてもつらいです。周りは教えてあげたくて疼いてしまいますが、見守っているのは本人たちで気が付いた方が幸せだから。

大切なのは、自分の気持ちに素直に従う事。

後悔しないように、今出来ることを頑張りましょう。

一人でも多くの悩める人たちが、好きな人との幸せな未来を掴むことが出来るように願っております。