恋愛・婚活 PR

【マッチングアプリでブサイクな男】自分で写真をとる方法

【マッチングアプリでブサイクな男】自分で写真をとる方法
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回はマッチングアプリを使う上で重要な、自分で写真を撮る方法について解説します。

マッチングアプリは、多くの場合は表示されるプロフィール写真からお相手を選ぶことになります。

そのため、ファーストインプレッション(第一印象)であるプロフィール画像の選定は非常に重要なポイントといえるでしょう。

いかに性格や趣味趣向の相性が良くても、プロフィール写真が悪ければ、なかなかマッチングできないこともあります。

ここでは、マッチングアプリに使用する写真の撮り方やポイントを解説していきます。

【ペアーズの評判は?】女性の口コミと婚活アプリのサクラとレビューにいて

Contents
  1. 【マッチングアプリでブサイクな男】カッコよく見せる方法
  2. 【マッチングアプリでブサイクな男】印象がいい写真の見せ方
  3. 【マッチングアプリでブサイクな男】自分の自撮りの仕方
  4. 【マッチングアプリでブサイクな男】対策
  5. 【マッチングアプリでブサイクな男】彼女ができる方法
  6. 【マッチングアプリでブサイクな男】危男
  7. 【マッチングアプリでブサイクな男】事例
  8. 【マッチングアプリでブサイクな男】まとめ

【マッチングアプリでブサイクな男】カッコよく見せる方法

【マッチングアプリでブサイクな男】カッコよく見せる方法効率よくお相手探しをするためにも、まずはプロフィール写真を充実させてみてみましょう。

自分の顔に自信がない人も、カッコよく見えるコツを紹介していますので、参考にしてみてください。

カッコよく見せる方法1:顔がしっかりと見える写真を使う

まず大前提ではありますが、顔がしっかりと見える写真を使いましょう。

よくありがちなパターンで、後ろを向いていてまったく顔が見えない写真や、マスクや写真が加工されていて、顔の一部が隠れていて見えないパターンです。

とくに最近はマスクを着用する機会が多くなっているため、自然と顔の下半分が見えなくなっている人が多いように感じます。

こういった顔がしっかりと見えない写真は、どんな顔をしているのかが判断しづらく、敬遠されてしまう可能性が高いです。

なかなか自分の顔に自信が持てず、顔を隠した写真を使いたくなる気持ちは良く分かるのですが、お相手とマッチングするために割り切って、しっかりと顔を移したプロフィール写真を使うようにしましょう。

カッコよく見せる方法2:前から光を当てる

写真撮影をする際は、光の当て方は非常に重要となります。

芸能人やモデルさんの撮影などでは、正面から大量のライトで照らしていたり、レフ板と呼ばれる道具で光を反射させていることがあります。

これは「ライティング」と呼ばれるもので、より見栄えの良いものを撮影するように、光の角度を細かく調整しているのです。

それほど光の角度は大切なものなのです。

上手な光の当て方は、顔の正面から光を当てることです。そうすることで、顔に影ができずにすっきりした印象の写真が撮れます

例えば、肝試しなどで懐中電灯を顔の下から当てたりするシーンを見たことはありませんか?顔に影ができて怖い印象になりますよね。

このように、顔の下もしくは上からライトを当てることはあまりおすすめできません。

光源(光の元)は、蛍光灯などではなく、やや赤みのあるものが良いでしょう。

日の出や夕日などは晴れていればどこでも撮影でき、自然な風合いで撮影ができますのでおすすめです。

カッコよく見みせる方法3:上半身を撮影する

プロフィール写真はあなたがどんな人かをしっかりと伝えることが重要です。

そのため、少しだけあなたのファッションも分かるように上半身も写すと良いでしょう。

また、顔だけが写っていると、お相手のスマホにあなたの顔がでかでかと表示されることになりますので、場合によっては圧迫感を与えてしまうこともあります。

そのため、ちょうど良いバランスで上半身を写すことがポイントです。

また、ファッションに自信がない人も上半身だけならあまりリスクなく撮影ができるのではないでしょうか。

とはいえ、服が汚れていたり、だらしない服装で撮影するのはNGです。

しっかりとキレイな洋服でヨレていないものを選ぶようにしましょう。また、背景にも注意しましょう。

カッコよく見せる方法4:多少なら盛ってもOK!

写真を掲載する際には多少であれば加工しても大丈夫です。ただし、多少!ですので注意しましょう。

ここでいう多少とは、写真の明るさを変更したり、背景をぼかしたりする程度にしましょう。加工については、スマートフォンについている写真加工機能が利用できます。

というのも過度な加工はバレることがあります。背景が歪んでいたり、色合いがおかしくなっている写真は、信憑性が低く相手に避けられることもありますので注意しましょう。

例えば、カメラアプリなどを使用した写真は分かる人には分かってしまいます。

さらに言えば、プロフィール写真の加工が上手くいってデートまでたどり着いても、お相手に悪いギャップを与えることになり、結果として損をする可能性があります

自分のハードルを高めることにもなりますので、少しだけ加工をする程度にしましょう。

【マッチングアプリでブサイクな男】印象がいい写真の見せ方

【マッチングアプリでブサイクな男】印象がいい写真の見せ方

次に、印象の良い写真を撮影する方法を紹介します。

ここで重要なことは、お相手目線の写真を選ぶことです。どれだけ自分が納得して選んだ写真でも、お相手からの印象がよくなければ、無駄になってしまいます。

それではどれだけ頑張って写真を選んでも意味がありません。

ここでいうお相手目線の写真とは、お相手がどんなことを知りたいのかや、お相手が見てどんな印象を抱くかということに注目しましょう。

逆に言えば、自分が相手に与えたい印象をある程度コントロールできるということにもなります。

相手を楽しませることが好きな人は一緒にいて楽しそうな印象、真面目な方誠実な印象など、選ぶ写真によってはさまざまな印象を与えることができるでしょう。

次の項目では、好印象を与える方法を解説していきます。ぜひ、あなたのプロフィール選びの参考にしてみてください。

印象がいい写真の見せ方1:自然な写真を使う

カッコよく見せる方法のひとつめは「自然な写真を使う」ということです。

ここでいう自然とは、証明写真のように構えて撮った写真ではなく、日常のワンシーンを切り取ったような写真を使うということになります。

例えば、旅行やお出かけの際に、意図しないタイミングで撮ってもらった写真などが良いでしょう。

とくに友人などと遊んでいるタイミングで撮影された写真は自然で楽し気な雰囲気があります

お相手に一緒にいて楽しそうという印象を与えることができますので、評価を高めることができるでしょう。

また、真顔でアンニュイな視線の写真に比べて、顔の良し悪しに判断左右されにくいという特徴もあります。あまり顔に自信がないという人にもおすすめです。

印象がいい写真の見せ方2:基本的には笑顔の写真が〇

基本的には笑顔の写真を選ぶと良いでしょう。

泣いたり怒っている写真を掲載する人はいないでしょうが、真顔で写っている写真を使っている人は多いのではないでしょうか?

真顔の写真は、見方によっては誠実な印象やクールな印象を与えることができるのですが、人によっては怖い印象を与えてしまうことがあるようです。

そこで、笑顔の写真を使うことをおすすめしています。

とはいえ、狙って撮った笑顔の写真を撮影するのはかなり難しいです。いわゆる作り笑いはかえって怖い印象を与えてしまう可能性もあります。

友達と遊んでいるときなどに撮影された自然に笑っているような写真を使うことを心がけると良いでしょう。

このような笑顔の写真を使うことで、明るい人や一緒にて楽しそうという印象を与えることができるでしょう。

印象がいい写真の見せ方3:彼女目線の写真を使う

冒頭でも解説した通り、プロフィール写真はお相手目線が重要になります。

彼女目線の写真は、お相手にもしあなたと付き合ったらというイメージを与えることができます。

とくに、日常のワンシーンを切り抜いたような写真は、もっともイメージしやすいでしょう。

もっとも参考になると感じたのは、さまざまなマッチングアプリのCMや広告などで出てくる写真です。

マッチングアプリを使ってデートをしているシーンなどを見かけたことはないでしょうか。これらの写真や動画では、あなたがマッチングアプリを使って、デートをすることになったらどうなるかということをイメージできるように作られています。

同じような写真を撮影することで、お相手にあなたと付き合ったらという印象を与えることができるでしょう。

印象がいい写真の見せ方4:全身の写真もあるとベスト

やや難易度が高くなりますが、サブ写真などに全身が写っているものを設定すると良いでしょう。

全身が写った写真を掲載することで、あなたのことをより正確にお相手へ伝えることができるようになります。

マッチングアプリを使って、知らない人と会うのはよほどなれていないと緊張するものです。

お相手からすれば、デートの前にどんな人が来るのかを想像できるので、不安要素を取り除くことができるでしょう

問題点は掲載する写真選びです。あまりにもだらしない服装ではかえって悪印象になります。

ファッションに自信が無いという方は、人の結婚式に参加したときの写真や仕事帰りに遊びに行ったときの写真など、スーツを着用している写真を使うと無難かもしれません。

【マッチングアプリでブサイクな男】自分の自撮りの仕方

【マッチングアプリでブサイクな男】自分の自撮りの仕方

続けて自撮りについて解説します。

最初にあらかじめお伝えすると、自撮り写真はおすすめしません。というのも、自撮り写真を撮っている男性に対して「ナルシスト」と感じる女性が多く、マイナス印象になることが多いためです。

そのため、基本的には第三者に撮ってもらうことがおすすめではあります。

とはいえ、誰かにプロフィール用に撮ってもらうことが難しい場合や、そういった他人目線の写真が無いという人もいるでしょう。

そういったどうしても用意することが難しい場合には自撮り写真を使っても良いでしょう。ただし、撮り方には少しコツが必要です。

次の項目では、そんなコツをいくつか解説していますので、ぜひ自撮り写真を使いたい方は参考にしてみてください。

自分の自撮りの仕方1:ペットや友人と写る

自撮り写真を撮影するコツのひとつ目は誰かと一緒に写真を撮るということです。

先ほども説明した通り、男性の自撮り写真はナルシストな印象を与えてしまうことがあります。

しかし、誰かと自分を写すために撮影した写真は、その限りではありません。例えば、旅行やお出かけ先などで友達と撮影した写真です。

これらは思い出の一部として楽し気な印象を与えることもできますし、自撮り写真であってもナルシストな印象はありません。

ただし、背景や一緒に写っている友達をトリミングしたり、モザイクやスタンプで顔を掲載しないようにする工夫が必要です。

また、異性の友人と写っている写真は、マイナス印象になりますので注意しましょう。

また、ペットなどと一緒に写した自撮り写真も良いでしょう。

ペットは自分で撮影が出来ませんので、自撮り写真であっても仕方ないですよね。また、お互いに動物好きなお相手を探せるなどのメリットもあります。

自分の自撮りの仕方2:三脚などを利用する

自撮り写真であっても三脚やスマホスタンドなどを使えば、第三者目線の自然な写真をとることができます。

これらの道具を使えば、まるで誰かに撮ってもらったような写真で、さらに意図的にさまざまなシーンを撮影することもできます。

しかも、三脚やスマホスタンドであれば、100円ショップなどでも入手でき、どこでも手に入るというメリットがあります。

問題は撮影する場所や表情が難しいというところです。

たくさんの人がいる場所で、ひとりで三脚やスマホスタンドを使った自撮りをするのは少し恥ずかしいと感じる人もいるでしょう。

また、笑顔の写真を撮ることはかなり難しくなります。よっぽど演技が上手な人でなければ、自撮り中に自然な笑顔になることはかなり難しいかもしれません。

自分の自撮りの仕方3:背景に注意

自撮り写真を撮るときは背景に注意しましょう。たまにマッチングアプリ利用者で、自宅で自撮りした写真を使っている人を見かけます。

生活感のある写真が撮れる点では素晴らしいかもしれませんが、お相手の印象はあまり良くないです。

自撮り写真を撮るときのおすすめは、自然を背景にしたものがおすすめです。山や森などでしたものでも良いですし、公園などの植え込みで撮影したものでもOKです。

あえて背景とともに自分を写すことで、写真に奥行きが出てきて、自分の容姿だけが強烈にアピールされることを防いでくれます。

とくに自撮り写真はカメラとの距離が近くなり写真に圧迫感がでやすいので、背景を上手く活用することでより自然な写真にすると良いかもしれません。

自分の自撮りの仕方4:カメラアプリや加工アプリは使い過ぎない

自撮り写真を撮る際に、少しでも盛ろうと考えてカメラアプリを使うのは辞めた方が無難です。

とくに顔に加工をしたり、スタンプがついている画像が悪印象を与える可能性があります。異性からしてみれば、加工をしたり顔を隠すということは、なにかを隠しているのではないかといった不信感を抱くきっかけにもなります。

また、実際にお相手にあったときに、予想よりもブサイクだったという悪いギャップを与えることにもなりかねません。このように自分のハードルをあげることにもなってしまいます。

もし、写真に加工をしたいときは、明るさを変更したり背景に写った人物をモザイクで消すなど、最低限にとどめることをおすすめします。

スマホに備わっている画像加工機能を利用すると良いでしょう。

【マッチングアプリでブサイクな男】対策

【マッチングアプリでブサイクな男】対策

ここまで、お相手に好印象を与えるプロフィール写真やその撮り方について解説してきましたが、なかにはどうしても自分の顔に自信がもてず、できれば写真を掲載したくないと考えている人もいるかもしれません。

とはいえ、自分の顔が写った写真を掲載しないと、どうしてもマッチング率が低くなってしまい、ほとんどマッチングができないこともあります。

しかし、プロフィール写真が良い=イケメンというわけではありません。次の項目では、どんな点に注意するべきかを解説していきます。

自分がブサイクだと感じている人は、ポイントを押さえて対策をすることで、マッチング率を改善できるかもしれません。

しっかりとコツを押さえて対策をしましょう。

マッチングアプリ対策1:清潔感を大切に

さまざまなアンケート調査などでも明らかになっていますが、清潔感は非常に重要なポイントです。

とくに女性は容姿以上に清潔感を重要視する傾向が強いようです。

そのため、イケメンでなくても清潔感にこだわることで、マッチング率を改善できる可能性があります。

ここでいう清潔感とは、髪型や眉毛を整えること、ひげ・ムダ毛の手入れ、服装、体系、肌の状態などです。

とくに髪型や眉毛はすぐに整えることができますし、服装も無難なものであればすぐに用意できるでしょう。

そのほか体系や肌の状況は、なかなか改善は難しいかもしれませんが、健康に気を付けることはマッチングすること以外にも役立つはずですので、ぜひ普段の生活から心掛けてみてください。

マッチングアプリ対策2:明るい場所で撮影する

顔に自信がない人は、明るい場所で撮影することがおすすめです。

暗い場所でプロフィール写真を撮ってしまうと、性格が暗い印象を与えてしまったり、怖そうな印象を与えてしまったりと、マイナスな印象を与えてしまう可能性があります。

イケメンかどうかに関わらず、お相手に暗い印象を与えてしまうことは、マッチングの可能性を下げてしまうことになりますので注意しましょう。

無理にライトなどを当てる必要はありませんが、蛍光灯などを避けて自然な光のあたる場所で撮影すると良いでしょう。

蛍光灯の下で撮影すると、顔のたるみやシミなどが目立ってしまいます。そのため、できる限り晴れた日の屋外での撮影が良いでしょう。

また、朝日や夕日などは赤み着くので、おしゃれな写真を撮ることができるのでおすすめです。

マッチングアプリ対策3:無理に背伸びはしない

自分を良く見せようと思いすぎて、背伸びをする必要はありません。

なぜなら、実際にあったときにギャップがあると、マッチングをしてもカップル成立につなげることができない可能性があるからです。

マッチングアプリを使用している人のなかには、どうしても自分を良く見せるために嘘をついたり背伸びをしてしまう人がいます。

しかし、マッチングアプリの目的はお相手とチャットをすることではなく付き合うことです。デートまでたどり着いても、そのあとにつながらなければまったく意味がありません。

同じように、写真は非常に良く撮影できても、実際にあったときに悪いギャップを与えてしまっては付き合うことは難しいでしょう。

そのため、できる限り自然に自分を伝えることが重要になります。

マッチングアプリ対策4・スーツ姿を活用する

ブサイク以外にもファッションセンスに自信がない人もいるのではないでしょうか。

あまりおしゃれに興味がない人は、どんな服装が異性に受けるのかわからないかもしれません。

しかし、焦ることはありません。ファッションは簡単に変えることができます。

例えば、洋服屋さんに断っているマネキンのコーディネートをそのまま購入することで、簡単に整えることができます。

それよりももっと簡単な方法は、スーツを着用することです。

スーツは多少のデザインの差はあっても、ほとんどは同じような形です。そのため、普段着に比べるとファッションセンスなどはあまり要求されません。

仕事中の写真が難しければ、仕事終わりに遊びに行った写真や飲み会などの写真でも良いでしょう。

また、知り合いの結婚式に参加したときの写真などを活用してみても良いかもしれません。

【マッチングアプリでブサイクな男】彼女ができる方法

【マッチングアプリでブサイクな男】彼女ができる方法

続けて自分がブサイクだと考えている人でも、彼女を作る方法について解説します。

そもそもですが、自分がブサイクだと思い込んでしまっている人も少なからずいます。

マッチングアプリで上手くいかないと、自分がブサイクだからと感じてしまうのも仕方がないことですが、その考え方は捨てた方が良いでしょう。

そもそもイケメンと呼ばれるレベルの顔の人より、それ以下の人が大半です。中学校や高校生活を振り返って見てください。自分以外が全員イケメンというクラスはなかったのではないでしょうか。

さらに、お相手がどんな男性がタイプなのかは、まったくの未知数です。どんなにイケメンでもお相手の趣味に合わなければそれまでということもあります。

まずは、ブサイクだから仕方ないと卑屈になることを辞めるとこからがスタートです!

彼女ができる方法1:清潔感は大事!

この解説は先ほどもしましたが、大事なことなのでもう一度説明します。

清潔感は非常に大事なポイントです。どれだけ容姿が整っていても、清潔感がなければ相手にされないこともあります。

普段からあまりこだわっていないという人も、清潔感を得ることから恥じてみると良いでしょう。

髪型を整えたり、眉毛を整えたり、スキンケアも重要です。また、服装も汚れていたりヨレているものを着るのは辞めましょう。

おしゃれなモノを用意する必要はありませんが、せめて無難な服装が望ましいですね。

体系やスキンケアに関しては、急に変えることはできません。毎日のルーティンや生活習慣が影響してきますので、この機会に見直してみてはいかがでしょうか?

彼女ができる方法2:プラスな印象の笑顔を心掛ける

自分がブサイクだと考えている人は、笑顔を心掛けるようにすると良いでしょう。

ファッション雑誌などに掲載されているようなイケメンであれば、決め顔やアンニュイな顔も映えるのですが、一般人にはなかなか難しいものです。

そんなときは笑顔の写真を活用することがポイントです。

笑顔の写真は明るい印象を相手に与えることができますし、一緒にいて楽しそうと思わせる効果があります。

ブサイクで根暗よりも、明るいブサイクの方がまだイメージは良いでしょう。

ただし、にやにやした笑顔ではなく、明るい笑顔である必要があります。例えばお笑い番組を見ているときや、遊んでいて友人と笑いあっているときのような笑顔です。

どうしても自信がない人は友人に撮影してもらうなど、第三者に依頼してみると良いでしょう。

彼女ができる方法3:真正面を向かない

顔に自信がない人は無理に正面を向いて写真を撮る必要はありません。

カメラを向けられるとどうしても恥ずかしくなったり、顔がこわばってしまう人もいるかもしれません。そういう時は少しだけカメラから目線を外してみましょう。

ただし、完全に顔を隠してしまったり、完全に顔をそむけてしまうのはNGです。

真横を向いたりしてしまうと、顔が半分しか見えなくなってしまいますので、相手に不信感を与えてしまいます。

また、うつむいたように視線を下に落とすこともおすすめできません。

目線を下げることで落ち込んでいるような暗い印象を与えてしまうからです。

カメラのレンズから並行に目線をずらし、少しだけ斜めに顔を撮影すると良いでしょう。

彼女ができる方法4:絶対に顔をぼかしたり隠したりしない

自分の写真をネット上に載せるということは、慣れていないと恥ずかしく感じる人もいるでしょう。

SNSなどで普段から顔写真を掲載している人はあまり違和感がないかもしれません。

しかし、異性に向けてマッチング目的の写真となると、どうしても気負ってしまうのはとても分かります。

とはいえ、自分の顔をぼかしたり、隠してしまうのはおすすめしません。

なぜなら、基本的にお相手の顔が分からなければ異性はなかなか会ってくれないからです。実際、ネット上で知らない人と会うことになるわけですから、顔も分からない人とデートするのは怖いですよね。

そのため、どんなに恥ずかしくとも、顔写真ははっきりと分かるものを掲載するようにしましょう。

【マッチングアプリでブサイクな男】危男

【マッチングアプリでブサイクな男】危男

マッチングアプリでは、ブサイクだと思われる写真のほかに危険だと思われてしまうプロフィール画像もあります。

このようなプロフィール写真は、お相手にマイナスの印象を与えることになりますので控えた方が良いでしょう。

危険だと思われる写真の最たる例は、タバコやギャンブルなどの画像です。

ほとんど見かけることはありませんが、タバコを吸っている画像やパチンコを打っているプロフィール写真はマイナスな影響しかありません。

そもそもタバコやギャンブルに対してマイナスなイメージを持っている女性は多く、それがプロフィールになっていると良い印象が得られないでしょう。

また、異性と一緒に写っている写真は例えスタンプなどで隠しているとしても、控えた方がいいでしょう。

とくに元カノと思われるような写真は絶対に辞めましょう。

異性と一緒に写っている写真は、複数人の女性関係がありそうな印象や、遊んでいる印象を持たれてしまう可能性があります。

遊び目的でマッチングアプリを使っているという印象を持たれる可能性もありますので注意しましょう。

ほかにも、女性側から見て敬遠されると思われるような写真はできるだけ控えた方が良いでしょう。笑顔で誠実そうな写真を用いることがベストです。

【マッチングアプリでブサイクな男】事例

【マッチングアプリでブサイクな男】事例

最後に、PairsやOmiaiなどの利用者の多いマッチングアプリで見受けられた、プロフィール写真の事例を紹介します。

ここの項目では利用者のプロフィール写真について解説しますが、容姿については一切触れません。あくまでブサイクだと思われてしまうようなポイントやすぐに改善することができるポイントに絞って解説します。

自分のプロフィール写真と見比べて、どこを改善すればもっと良くなるのかぜひ参考にしてみてください。

ペアーズの事例

まずはPairsに登録している人の事例について紹介します。

1枚目の写真はおそらく自宅の洗面所で撮影したものでしょうか。思いっきり自撮り感のある写真で、なぜここで撮影したのだろうかと考えてしまいます。

洗濯機が写り込んでいる点もリアルな生活感がありますね。逆に2枚目の写真は誰かに撮影してもらった写真で、本人の雰囲気が良く伝わってくるのではないでしょうか。

このように自撮りよりも第三者目線の写真の方が、全体的な見栄えが良くなる傾向にあるので、プロフィール写真に設定するメインの写真はこのようなものがおすすめです。

ただしこの方の写真全般に言えるのは、フィルターか加工による編集が多く、やや写真がぼやけてしまっているところです。なにか隠したいことがあるのでは?とお相手に勘違いさせてしまいますので注意しましょう。

【ペアーズの評判】口コミと婚活アプリはサクラと料金について

マリッシュの事例

マリッシュの公式ツイッターがリツイートしていた、マッチングアプリ用の写真をプロが撮影してくれるサービスです。

さすがプロが撮影しているだけあって、非常にキレイに撮れていますね。

2枚の写真とも、完全に正面を向かずにやや斜めを向いています。

証明写真のようにならず、自然な角度で撮影をすることができますので、写真映りが良くない人はぜひチャレンジしてみてください。

また、1枚目は上半身のみ、2枚目は全身を撮影することで、顔だけではなくスタイルやファッションまでをお相手に伝えることができます。

基本的にマッチングアプリの写真は複数枚撮影することができるので、顔だけではなく自分のスタイルや趣味などを伝えるのにも役立つでしょう。

【マリッシュの評判】口コミと婚活マッチングアプリの料金とサクラについて

ユーブライドの事例

ユーブライドは恋活よりも婚活に向いているマッチングアプリです。Pairsやwith、omiaiよりも年齢層が高いことが特徴です。

今回の写真は、色々と突っ込みどころはありますが、それ以外の部分について解説していきます。

まずは顔の向きです。完全に正面を向いており、証明写真のようになっています。

また、頭上の照明から光が当たっているため、顔のシワなども目立ちやすくなってしまっています。

また、服装についても注意が必要です。仕事終わりにワイシャツのボタンを外したような服装になっていますが、これではあまり女性に受けないでしょう。

また、背景にも取り込んだ洗濯物が掛けられており、生活感が丸出しです。

少なからずすぐに改善できそうなポイントはたくさんありますね。

【ユーブライドの口コミ】評判と婚活アプリの料金とサクラについて

ブライダルネットの事例

ブライダルネットは、マッチングアプリよりも結婚相談所に近いサービスです。本気で婚活をしたいと考えているユーザーが多く、年齢層もやや高めになっています。

ユーザーサポートではプロフィール作りをサポートしてくれることもあるのですが、なかなか上手く作成できない人も一定数いるようです。

ツイートにもある通り、写真が上手く撮影できていないユーザーも一定数おり、ここで印象の良いプロフィール写真を掲載できれば、ほかのユーザーに差をつけることができるでしょう。

問題の写真は自撮りをやや下から行っており、目線が下がってしまっています。また、顔からの距離も近く圧迫感があります。

目線はカメラと平行くらいがちょうど良いでしょう。また、背景も自宅の天井が丸見えになっています。

自宅で撮影することが難しければ、屋外で撮ることをおすすめします。

【 ブライダルネットの評判】口コミと婚活アプリの料金と本人証明

with(ウィズ)の事例

https://kashikoi.with.is/articles/268

(引用元:with)

withは心理テストなどを使ったマッチングが特徴です。顔写真以外にも、お互いの心理的な相性でマッチングすることができますが、ここでもプロフィール写真は重要になってきます。

withでは、さまざまな恋愛のサポートをするコラムが用意されており、マッチングからデートや付き合ったあとのことまでを学ぶことができます。どれもお相手の心理に基づいたもので、なかなか説得力があるのではないでしょうか。

そのコラムの中に、上手なプロフィールの作り方が掲載されています。とくに注目しているのは、写真に対する顔のサイズについてです。画面いっぱいに顔が写っている写真より、やや引きで撮影したものの方は評価が高いことが分かっています。

このように、マッチングアプリのなかでプロフィール写真の撮り方を解説していることもありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【マッチングアプリでブサイクな男】まとめ

今回はプロフィール写真の撮り方について解説しました。さまざまな撮影のポイントを紹介しましたが、ほとんどはすぐに改善できそうなポイントだったのではないでしょうか。

プロフィール写真は、多くのお相手がもっとも重要視しているポイントです。表示される画像からお相手にアプローチをするマッチングアプリの特性上、どうしても仕方のないことですが見た目の良し悪しは非常に重要になります。

しかし、自分がブサイクだからと言って諦める必要は決してありません。少しの工夫で十分に改善することができるのです。まずは、自分のプロフィール写真を見直して、お相手に好感を持ってもらえるような写真を撮ることから始めてみてはいかがでしょうか。

関連ページ

マッチングアプリでの2回目デート 最高の場所は?
マッチングアプリでの2回目デート 最高の場所は?2回目のデート、どこに行く?マッチングアプリで出会った相手とのデートの場所選びに迷っていませんか?自分を最も良く表現できる場所選びのヒントを提供します。...
マッチングアプリで顔写真なし女性と成功するマッチングの秘訣
マッチングアプリで顔写真なし女性と成功するマッチングの秘訣マッチングアプリを利用する際、顔写真なしの女性ユーザーに興味を持つ人は少なくありません。 その理由としては、競争率の低さや新たな出...