恋愛・婚活 PR

【結婚や出会いのきっかけランキング】相手の年代について

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

結婚や出会いのきっかけはさまざまです。

人によっては思いがけない場所での出会いがあったり、きっかけによってパートナーや彼女と出会うこともあるでしょう。

周りの人達がどんな出会いによって、お付き合いをすることになったのか、気になる人もいるのではないでしょうか。

そこで、今回は、結婚や出会いのきっかけになった場所やイベントをランキング形式で紹介していきます。

このランキングを参考にすることで、彼女を作ったり、結婚をしたいと考えている人は、きっかけ作りの参考にしてみても良いかもしれません。

また、結婚相手や彼女の年代についても紹介していきますので、自分の理想のパートナー探しのきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

【結婚や出会いのきっかけランキング】相手の年代

【結婚や出会いのきっかけランキング】相手の年代

まずは、実際に結婚した人たちは、どのような年代の相手と結婚することが多いのかについて見ていきましょう。

ここでは、初婚の人々がどのような年齢差で結婚することが多いのかをランキング形式にて紹介します。

今回は、厚生労働省が公開している2020年の人口動態統計をもとに、初婚の人が結婚することの多い年齢差を、最も割合の多い十ん刃bbで見ていきましょう。

この人口動態統計では、婚姻届けを提出した初婚の人の年齢差を統計として算出し、その割合を求めたものになります。

ここでは、どの年齢差の人が結婚しているかに合わせて、そのメリットなども合わせて紹介します。ぜひ、お相手探しをするときの参考にしてみてください。

相手の年代・1位:夫婦同年齢 全体の21.6%

初婚の人たちのなかで、相手の年齢で最も多いのは、夫婦が同年齢であることです。

全体の5分の1を占める21.6%の人たちが、同年齢の人と結婚しています。

その理由の多くが、高校や大学などの、学生時代に知り合った人との結婚や、同じ時期に入社した人との結婚が多いからです。

全体の割合から見れば、かなりメジャーな結婚相手の年齢であることが分かります。

同年代の人との結婚には多くのメリットがあるでしょう。

例えば、価値観が似ていることは大きなポイントです。

学生時代など、同じような教育や境遇で過ごす機会の多い同級生は、好きなものや経験などが似通っているため、価値観が合わせやすいことがあります。

また、年齢が同じであれば、力関係が対等になりやすく、あまり気を使わない関係性を築けるでしょう。

相手の年代・2位:男性の方が1歳年上 全体の13.8%

結婚相手との年齢差で2番目に多いのは、男性の方が1歳年上というパターンです。

同年齢の人と結婚するパターンに比べると、その数は半分ほどにはなります。

全体の割合でみると、夫婦のうち男性の方が年上であることの方が多く、全体の半数以上が男性の方が年上となっています。

じつは、男性が1歳年下の女性と付き合う機会が多いのは、精神的な作用が影響しているようです。

あくまで統計的な話にはありますが、女性の方が男性よりも精神年齢が高いと感じることが多いことがあります。

そのため、男性の実年齢よりも、やや下の年齢の女性と使いあう方が、付き合いやすい傾向にあるようです。

精神年齢がマッチすると、物事の考え方や感性が近くなることがあり、付き合いが上手くいくことが多いかもしれません。

相手の年代・3位:男性の方が7歳以上年上 全体の10.6%

全体の第3位は、男性の方が7歳以上年上の夫婦です。

全体の10%程度の夫婦が、7歳以上の年の差で結婚をしています。

10歳以上年の差が離れていると、いわゆる歳の差婚といわれることもあります。

社会人になると、あまり年齢差を感じない場合もありますが、高校3年生が、小学生と付き合っていると考えると、かなりの歳の差を感じることができるでしょう。

年の差が開いていることは、デメリットと考える人が多い傾向にありますが、もちろんメリットもあります。

例えば、お互いに過ごしてきた環境や、経験してきたことが大きくことなるため、さまざまな面で刺激を与えあうことができます。

遊びや生活のなかで、自分の知らない世界観を広げることができるでしょう。

相手の年代・第4位:女性の方が1歳年上 全体の10.2%

最後は、女性の方が1歳年上の夫婦がランクイン。

全体の10.2%の割合で、全体の4番目に多い割合となっています。

女性の方が年上という夫婦は、全体でも約4分の1程度ですので、決して多くはありません。

1歳差であれば、あまり歳の差を感じることなく付き合えますし、ほぼ同性代と考えても良いでしょう。

ただし、女性の年齢が男性より2歳以上高くなると、結婚している割合がガクッと下がることになります。

女性が年上のカップルは、さまざまな理由から結婚までたどり着くことが難しいのかもしれません。

自分より実年齢が高い女性は、自立心が高いことが多く、男性側が甘えやすい傾向にあるようです。

場合によっては、母や姉との関係に近い雰囲気を持つ夫婦もいるようです。

【結婚や出会いのきっかけランキング】場所

結婚や出会いのきっかけになる場所は?

次に、結婚や付き合う相手と出会った場所について紹介します。

結婚をしたい人や、彼女を作りたい人にとって、出会いの場所は非常に重要です。

出会いが少なければ、自然と使いあう可能性のある人との出会いも少なくなり、結婚や付き合う相手を見逃しているかもしれません。

しかし、仕事やプライベートが忙しい人にとっては、出会いに時間を割くことができず、なかなかお相手探しができないという人もいるのではないでしょうか。

そこで、多くの人が結婚や付き合うきっかけになった場所を知ることで、効率的に出会いの機会を広げてみましょう。

この項目では、結婚や出会いのきっかけになった場所をランキング形式で紹介をしていきます。ぜひ参考にしてみてください。

場所1・職場やバイト先

出会いの場所として最も多いのが、職場やバイト先などの働く場所です。

職場やバイト先は、かなり以前から多くの人の出会いの場所として知られています。

職場で出会う人は、仕事や飲み会などで接する機会が多いことが特徴です。

一般企業で働く人の多くは、同僚などと週5回は顔を合わせる機会があります。

そのため、自然と接する機会が多くなり、付き合うきっかけに発展することが多いようです。

また、同じチームに所属している場合は、一つの目標に向かって共同で作業をすることが合ったりと、自然な関係を築くことができるでしょう。

ただし、職場に気になる人がいる場合は、本来の仕事に影響を与えないようにしなければなりません。

職場の人間関係を壊してしまったりなどの、リスクが存在することも理解しておきましょう。

場所2・知人からの紹介

知り合いから紹介された人と、付き合うきっかけになった人も多くいます。

とくに、長年付き合いのある友人から紹介された相手は、最初のきっかけを自分で作る必要がなく、自然と親密な仲になることができるでしょう。

また、自分の友人と友達になれる人であれば、価値観や考え方が近い可能性もあるので、早い段階で関係を深めることができるかもしれません。

このように、知り合いから紹介されたお相手は、最初のきっかけ作りが不要で、仲を深めることができる点がメリットです。

恋愛において出会いのきっかけは非常に重要です。

最初の印象が悪かったり、きっかけのコミュニケーションに失敗してしますと、その後の関係が進まなくなることもあります。

そこで、友人などを仲介することで、最初の出会いを上手く進めることもできるでしょう。

場所3・学校

学生時代の出会いが、将来的に恋愛関係になることもあります。

じつは、20代の人であれば、多くの人がすでに結婚相手に出会っている可能性があるのです。

学生時代は、多くの人が長い時間をかけて過ごす場所です。

人によってはかなり多くの人と出会う場所にもなるでしょう。

また、ほとんどの場合は、結婚相手の年齢として最も多い、同年齢の人たちと接することになります。

そのため、出会いの場所としてはかなり最適だと言えるでしょう。

ただし、学生時代に付き合っている人と結婚することは、あまり多くはありません。

そのため、学生時代に知り合ったのち、社会人になって再会するなどのきっかけが必要かもしれません。

もし、学生時代の人たちと、大人になってからも親交があるのであれば、大切にした方が良いかもしれませんね。

場所4・マッチングアプリなど

以前の統計ではほとんどランクインすることはありませんでしたが、最近は出会いの場としてマッチングアプリを活用する人が増えています。

全体のランキングとしては4位となっていますが、ここ数年で出会いの場として活用する人を増やしています。

そのため、今後は出会いの場所として、マッチングアプリはもっと上位になるかもしれません。

ただし、ほかの出会いの場所とことなり、積極的に自ら行動していく必要があります。

そのため、出会いの場所として使うためには、ややコツが必要になることもあります。

価値観の似た人や、自分に合う相手を探すためのコンテンツが充実しているマッチングアプリもありますので、お相手探しをしやすいものを選ぶこともポイントです。

【結婚や出会いのきっかけランキング】イベント

【結婚や出会いのきっかけランキング】イベント

結婚相手や出会いには、なにかきっかけとなるイベントがあることも。

ただ普段の生活を送るだけでは、お相手との関係が発展しないこともあるからです。

イベントというと、合コンなどの出会いを求めるためのものを想像するかもしれませんが、じつは必ずしもそうとも限りません。

じつは、日常的なイベントごとのなかにも、出会いが待っている可能性があるのです。

そこで、ここでは結婚相手や付き合うきっかけとなった、出会いのイベントについて紹介します。

もし、自分がイベントに参加する機会があれば、恋人と出会うためのチャンスかもしれません。

ガツガツとアピールをする必要はありませんが、少なからず出会いがあるかもしれないということは頭の片隅において参加すると良いでしょう。

イベント1・職場の飲み会など

職場で開催されるイベントは、貴重な出会いのチャンスかもしれません。

一般的には、上司との付き合いのために参加する、面倒くさいイベントという印象があるかもしれません。

しかし、出会いのきっかけになった場所のランキングで、職場が上位に入っていることを考えると、職場のイベントも貴重なチャンスになるかもしれません。

職場のイベントとして、もっとも多いのは飲み会でしょう。

期末や年末、新しく従業員が入社したときや、退職者が出たときなど、さまざまな機会で参加することがあるでしょう。

また、会社として催されるもの以外にも、同僚で飲みにいくこともあるかもしれません。

こういったイベントは、面倒くさがらずに参加してみても良いかもしれません。

イベント2・合コン

出会いを求めるイベントとして、合コンはかなり一般的なイベントでしょう。

合コンは、お相手も出会いを目的として参加していますので、成功率が非常に高いことがポイントでしょう。

人によっては、参加するためのハードルが高いと思われがちですが、最近はさまざまなタイプの合コンが開催されています。

街コンや婚活パーティーもそのひとつです。

街コンや婚活パーティは、さまざまな人が参加しやすいように、年齢や職業、テーマなどがあらかじめ決められている場合があります。

自分と同じような価値観や趣味を持っている人や、年齢が近い人と出会うことができるので、出会いの可能性をかなり高めることができるでしょう。

もし、結婚や恋人作りをしたいと考えているのであれば、参加を検討してみると良いかもしれません。

イベント3・同窓会や成人式など

学生時代の友人と会う機会は、社会人になると減ってしまうことがあります。

しかし、出会いの確率がかなり高いことがあります。

例えば、同窓会や成人式などは、学生時代の友人と幅広く会う機会ですので、将来の結婚相手や恋人と出会うきっかけになるかもしれません。

出会いの場所でも紹介した通り、学生時代は将来のお相手と出会う可能性がかなり高いことが分かっています。

そのため、このようなイベントには積極的に参加することがおすすめです。

学生時代はとくに意識していなかったお相手でも、感性が大人になることで、新たな魅力を発見できるかもしれません。

また、当時は気付いていなかった恋愛も、久々に会うことで再燃する可能性もあります。

普通に参加しても、当時の話などで盛り上がることができますので、機会があれば顔を出してみると良いでしょう。

イベント4・偶然性も大切?

日々の暮らしのなかで、偶然にも将来のお相手と出会う可能性もあります。

学生時代の同級生と道で偶然再会した、旅行先で偶然に出会った、居酒屋で仲良くなったなど、さまざまな場面が出会いのきっかけになる可能性があるでしょう。

このような偶然のイベントで、将来の結婚相手や恋人に出会っている人もいます。

こればかりは自分の意思で起こすことができないので、難易度はかなり高くなってしまいます。

強いて言えば、日々の暮らしの中で出会う人を、大切にしてみると良いかもしれません。

ただし、出会った全ての女性に色目を使うことはやめましょう。

考えれば分かるかと思いますが、残念ながらそのような行動がいい影響を与えることは少ないでしょう。

【結婚や出会いのきっかけランキング】マッチグアプリ

【結婚や出会いのきっかけランキング】マッチグアプリ

先ほども紹介しましたが、マッチングアプリは、出会いの場としてその存在感を強めています。

数年前までは、ネットを使った出会いをきっかけに交際に発展したり、結婚までたどり着くケースは決して多くはありませんでした。

しかし、今では多くの人がマッチングアプリを利用し、出会いの場を広げることために活用しています。

ここでは、出会いのきっかけを広げるために、おすすめのマッチングアプリを紹介します。

どのマッチングアプリを使うか選ぶうえで、登録者数はひとつのポイントとなります。

登録者数が多ければ、さまざまな出会いを経験することができます。

言い換えれば、お相手選びの選択肢を増やすことができるのです。

そこで、ここでは登録者の多いマッチングアプリをランキング形式で紹介していきます。

マッチグアプリ・1位:ペアーズ 1500万人


ペアーズ
 マッチングアプリのなかで、最も有名なものといえばペアーズでしょう。

さまざまな場所で広告やCMを見かける機会があり、周りでも登録している人がいるのではないでしょうか。

そんなペアーズの登録者数は1500万人です。

日本の人口が1億2000万人であることを考えると、人口の約10%もの人がペアーズを利用していることになります。

さまざまな人が登録しているペアーズですが、コミュニティや検索機能が充実しており、自分の合った人を探すことができる点が魅力です。

ただし、色々な人とやり取りするのは時間も気力も使うため、場合によっては疲れてしまうこともあるでしょう。

マッチング疲れを防ぐためには、あらかじめマッチングする相手の条件を絞っておくことが重要です。

マッチグアプリ・2位:タップル 1500万人

タップル

ここ数年で会員数を大幅に伸ばしているのがタップルです。

現在の会員数は1500万人と、いままで独り勝ちだったペアーズに追いついています。

多くの人が利用しているタップルですが、利用者層に特徴があります。

20代前半が登録者のボリュームゾーンになっており、若者が多く利用していることが最大の特徴です。

そのため、あまり年齢が離れている人が登録すると、上手くマッチングできないなどのデメリットもあります。

タップルは、趣味でつながることをコンセプトにしていますので、プライベートを充実させたい人にはぴったりでしょう。

また、すぐに合う機能も搭載しており、直近の休みの日程などで誰かと会いたいときなど、活用の幅が広いこともメリットです。

マッチグアプリ3・3位:Omiai 800万人

Omiai

Omiaiは、後発のマッチングアプリですが800万人の会員数を誇るマッチングアプリです。

あとから作られたマッチングアプリだけあって、ほかのマッチングアプリにはない、便利な機能が搭載されています。

例えば、危険なユーザーを一瞬で見分けることのできる「イエローカード」や、フリーワード検索など、マッチングアプリにありそうで無かった機能が満載です。

もうひとつのomiaiの特徴としては、年齢層がやや高いことが挙げられます。

ペアーズやタップルが、若い人が多く登録しているものだったのに対して、omiaiでは30代前後の登録者が多くなっています。

マッチングアプリの登録者の年齢層が、自分に合っていることは重要な要素になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

マッチグアプリ・4位:with 400万人

with

登録者数ランキングの第4位は、withです。

withは、心理テストを用いたマッチングをおこなうことができ、性格や価値観の面からお相手を探すことができる、画期的なマッチングアプリです。

外見だけでなく、内面から自分に合ったお相手を探せるので、マッチングの成功率を高めることができるでしょう。

また、付き合いが始まったあとも、恋愛を長続きさせることもできるのではないでしょうか。

これらのマッチングアプリは、季節のイベントなどに合わせて、定期的に開催されますので、その時々に合ったお相手を探せるはずです。

また、アプリの使いやすさにも定評があり、スムーズにお相手探しをすることができます。

登録者は20代が中心となっており、20代から30代の人で、性格面も重視したいという人にはおすすめです。

【結婚や出会いのきっかけランキング】まとめ

今回は、出会いに関するさまざまなランキングを紹介しました。

結婚するお相手や、彼女を探すためには、出会いの場を増やすことが必要です。

出会いが少なければ、それほど将来のお相手の選択肢も狭めることになってしまいます。

出会いには大きく分けて2種類が存在します。

自分から求めにいく場合と、偶然に出会う場合です。

普段の生活のなかで、偶然に出会う機会が少ないと感じる人は、積極的に求めていかなければなりません。

しかし、冒頭でも説明した通り、出会う場所やきっかけによっても、成功の確立が大きく変わってしまうでしょう。

ぜひ、本記事で紹介したことを参考に、多くの人が出会いを見つけた場所やイベントに参加してみてはいかがでしょうか。