恋愛・婚活 PR

【男友達が欲しい】彼氏は必見・その方法と異性の紹介について

【男友達が欲しい】彼氏は必見・その方法と異性の紹介について
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「女性特有の悪口やマウント合戦に疲れてしまった」

「メイクや服装も気にしなくていい気軽に遊べる男友達が欲しい」

「彼氏と喧嘩した時、なぜ怒っているか理解できない。男性側の意見を聞きたい」。

異性の友人は彼氏とは違う癒しや、つい頼ってしまう兄弟のような安心感があります。

他にも女友達が独身で悩んでいるとき、紹介できる男友達がいると、感謝されwin-winです。

一般的に恋人は1人ですが、男友達であれば複数いても問題なし。

信頼できる男友達であれば何人いようと大歓迎です。ここからは彼氏とはまた違う、魅力ある男友達を作る方法をご紹介します。

Contents
  1. 【男友達がほしい】方法や作り方
  2. 【男友達がほしい】必見
  3. 【男友達がほしい】彼氏はいらない
  4. 【男友達がほしい】異性の紹介
  5. 【男友達がほしい】募集
  6. 【男友達がほしい】まとめ

【男友達がほしい】方法や作り方

【男友達がほしい】方法や作り方

実は『Pairs』などのマッチングアプリは恋人探しに特化しているため、男友達探しには向きません。

特に彼氏持ちの人が登録すると規約違反として強制退会させられることもあります。

「ただ飲み友や趣味を共有できる異性が欲しいだけなのに」

「彼氏に渡すプレゼントを選んでくれるような男友達がいれば、毎年のイベントも悩まなくて済むのに」

とアプリの制約に不満な女性もいる事でしょう。

特に体目当ての男性と出会い、トラウマが残っている方であれば男友達くらいが丁度いい距離間かもしれません。

彼氏持ちの女性であれば、浮気や不倫というややこしい話や別れ話後疎遠になるなどの面倒が一切ない、長続きする男女の友情が理想的です。

そこで、理想の友情と出会える場所や方法をまとめました。

方法や作り方1・男性の比率が高い趣味を持ち、イベントに参加する

まずはどのような男友達が必要か目標を立てましょう。

「とにかく出会いたい」のような曖昧な目標を立てると、一夜限りの付き合いで終わってしまうかもしれないため要注意です。

「共通の趣味があり、休日に出かけるアクティブさもある男友達を作る」であれば、野外コンサートやフェス、スポーツ系の集まりに訪れることをおすすめします。

趣味が同じでなくとも「一緒に出掛けたい」というのであれば、車に興味を持つことによって、ドライブに連れて行ってくれる異性と出会える確率が上がるのです。

異性の友人と出かけているうちに新しい趣味ができ、「これを機に挑戦してみよう」と好奇心が生まれることもあります。

まずは積極的に出かけることから始めてみましょう。

方法や作り方2・ペットの散歩中出会う人に声をかける

「人見知りで声をかけられず、今まで異性の友人ができなかった」という方であれば、ペットをきっかけに話しかけてみると応じてくれる可能性が高まります。

なぜなら、ペットの散歩をしている人は比較的時間に余裕があるからです。

また3B(美男美女、赤ちゃん、動物)は好感を持たれやすく、目に留まると言われます。

この2つの条件が整っていれば、あとはあなたが勇気を出して話しかけるだけです。

相手もペットを飼って歩いて散歩している時点で、共通の話題がある上に、家も比較的近いはずです。

出会いやすい時間に声をかけているうちに、自然と挨拶や世間話を交わす仲になれることでしょう。

ある程度仲が良くなった時に「動物カフェやドッグランなどの施設に行きませんか?」と誘ってみると、意外と簡単に知人から友人になれるため、ぜひ試してみてください。

方法や作り方3・バーに通い常連になってから、他のお客と仲良くなる

「飲み友達が欲しい、愚痴を聞いてくれる友人が欲しい」のであればバーカウンターに通うことをおすすめします。

マスターの目もあるため、外で話しかけられるのを待つより安全に出会うことができるからです。

常連になることで仲介人になってくれることもあるので、まさに強力なアシスタント。

さらにお酒の力があれば、出会う相手も比較的オープンに話してくれるため仲良くなりやすいところもいい点です。

「一人で夜を過ごすと心細いから、異性の友人が欲しい」と思ったのであれば、同じように思っている人が集うのもバーの特徴です。

家で一人酒をする日々を繰り返しているのであれば、思い切ってバーデビューを果たし、出会いに繋げてみましょう。

方法や作り方4・女友達に紹介して貰う

「男友達はいなくとも、女友達ならいる」という方は、信頼している人からの紹介が一番安全かつ、友人関係に発展しやすい方法です。

男女関係なく友人が多い人であれば、男友達の中にあなたと同じ悩みや希望を持っている人がいるかもしれません。

意外と「言ってくれれば、すぐに紹介したのに」とあっさり紹介してくれることもあります。

本当の友人であれば、直接頼られるとできる限り協力してくれるものです。

異性の友人がいないことは恥ずかしいことではありません。

男女から好かれる人は、好かれる秘訣を知っていたり、おすすめの場所を知っていたりするものです。

相談のタイミングに紹介できる人がいなくとも、何かと力になってくれることでしょう。

【男友達がほしい】必見

【男友達がほしい】必見

「男友達がいない」と悩むよりも行動した方が早いです。

女子高育ち、女子大卒、就職先の部署も女性しかいない方は、その環境から一歩踏み出してみましょう。

異性の友人と出会うためには、時間よりも会う頻度を増やすために行動することの方が大切です。

仕事帰り、ジムに10分通い男性会員やトレーナーに「今日も一日お疲れ様です」と話しかけるだけでも十分仲間意識が生まれます。

職場で事務職を続けているのであれば、人と触れ合う営業職に異動してみるなど、行動や環境を少し変えるだけで今の状況から脱出できるものです。

営業職であれば「接客用のお店開拓を一緒にしない?」と同僚を誘いやすく、お店開拓友達をつくることができます。

自宅より職場滞在時間の方が長く、忙しい方こそ、職場に異性の友人を作ることで仕事中もサポートを受けられ、気が楽になるものです。

必見1・季節のイベントに参加する

BBQ、ハロウィン、スキーなど人が集まる場であれば異性との出会いも増えます。

特にBBQであれば、協力しながら食事を作ることもできるため、親密度が高まりやすいです。

友人に仲間を集めて貰ったり、会社のイベントであれば他部署と関わるきっかけになったりするので積極的に参加しましょう。

きっかけは何であれ、直接会った人であれば連絡先も交換しやすく「今日は楽しかったですね。次回も参加しますか?」など共通話題からメッセージを送りやすいです。

コツとしてはイベントに参加したときは、積極的に写真係を引き受けましょう。

メッセージの内容を考え、中々送信ボタンを押せない人こそ「今日はありがとうございます。

撮った写真共有しますね」など写真がメッセージ一投目のきっかけになるからです。

必見2・同窓会や結婚式に参加する

同級生であれば、共通話題もあるため友達になりやすい状況が整っています。

当時はSNSやスマホがなく、教室で話さない人とは、接点がないまま卒業してしまったことでしょう。

しかし、再会してみて意外と気があったり、かつては「子供っぽい」とバカにしていた相手も年相応に落ち着き友人関係を築きたくなったりするかもしれません。

結婚式は新郎新婦のどちらかに招待されているため、気になる人がいれば繋いでもらえる可能性が高いです。

また、人生の一大イベントに呼ばれる人物であれば、人柄含め比較的信頼できる相手です。

長続きするよい友人になれる確率が高いので、会場にいる男性に積極的に声をかけ印象に残しておくと、今後の付き合いが順調に進むことでしょう。

必見3・話しかけやすい雰囲気を作る

愚痴ばかり言って相手を引かせてしまったり、常にネガティブな発言をして一緒にいたくないと思われていたりしたことはありませんか?

20代であれば「まだ若いし、可愛ければ多少の愚痴くらい付き合ってあげるか」と思ってもらえます。

しかし、30代になると「これで本当に社会人として生きてきたのか?外見だけよくても一緒にいたくないタイプだなぁ」と思われてしまいます。

あなたが変わらなくとも、周りの反応は変わってしまうのです。

そうならないために、見た目だけでなく話し方や雰囲気、姿勢まで細やかに魅力を整えておきましょう。

中身まで美しい女性は男女問わず注目を集め、相手から興味を持って寄ってきてくれます。

素敵な友人と出会うためにも、ぜひ自分磨きを続けてみてください。

必見4・常に笑顔で男性の気遣いを素直に受け取る

笑顔こそあなたの最大の魅力です。

「今日一日楽しかったなぁ、満足して貰えたな」とお出かけの満足度や達成感を測る指標として、男性側はあなたがどれくらいの時間笑顔でいてくれたかを見る傾向があります。

すぐに機嫌を損ねたり、構ってほしそうにしていたりすると面倒な相手として次の機会を失う可能性もあるので注意しましょう。

また、男性が車道側を歩いてくれたり、荷物を持ってくれたりしたときはしっかりとお礼を伝えましょう。

「当たり前のこと、気を使えるアピール」と思う人は友人からも好かれません。

異性に限らず友人を作りたいのであれば、人として最低限の礼儀を身に付けましょう。

礼儀はマナー教室やお作法を完璧にしろという意味ではありません。

美しい所作もあるに越したことはありませんが「ありがとう、ごめんなさい」を伝えることができれば十分です。

【男友達がほしい】彼氏はいらない

【男友達がほしい】彼氏はいらない

恋愛に対してトラウマがある人や、メイクや服装などデート前日から準備するお出かけは疲れるという人は、彼氏よりも気軽に会える異性の友人のほうが心地いいですよね。

ふと思い出すと「高校生の頃、彼氏といるのも楽しかったけど、文化祭でクラスのメンバーとはしゃいでいたころが一番の青春だった」という人もいるかもしれません。

「ただ面白いことや最近あった悩みに対し共感してほしいだけ」であれば彼氏が相手である必要もありません。

今彼氏がいる方も、彼氏や女友達には相談しにくい悩みがあるかと思います。

男友達には彼らなりの良さがあるので、ここからは「彼氏はいらないけれど恋愛感情なしに気軽に絡める男友達が欲しい」方へお伝えしたいことがあります。

彼氏はいらない1・誤解させないように指輪をつけておく

恋愛感情を持たれると困るあなたは既婚者、またはそれほどの関係性を望んでいないはずです。

そこで予防策として既婚者でなくとも指輪を左手の薬指に付けておきましょう。

常に目に見える場所で意志表示をしておくことで少なからず牽制効果を期待できます。

カップル割引がある店に行くなど相手に期待させてしまうと、後にトラブルになる原因になるため、出かけるときの場所選びには注意が必要です。

場所だけでなく服装も露出が多い服、丈の短いスカートなどは避けましょう。

自分はただ好きで着ているものであっても、相手にとっては「友達って言いながらやっぱり気があるのか。

積極的に話しかけて告白しよう」と変な期待をしてしまうこともあります。

彼氏はいらない2・彼氏に振られたばかりで気分転換がしたい

好きだった彼氏に振られたばかりでは「次の恋に切り替えよう!」とすぐに思い直すことはできませんよね。

「それでも誰か傍にいてほしい」「可愛い、綺麗、大丈夫と言ってくれる人が傍にいないと自信を無くす」という方であれば異性の友人が適任です。

あなたが本当に悩んでいるタイミングに支えてくれ、寄り添ってくれるのであれば、時間が経つにつれその感謝が恋心に育つかもしれません。

女性同士では女子会やケーキ屋、ショッピングなどある程度行き先が固定されます。

異性であれば普段日焼けを恐れて出かけないアウトドアや、ドライブなど非日常な体験ができる確率が上がります。

落ち込んでいるときは少し日常から離れて異性と新しいことにチャレンジするのも気分転換の方法の1つです。

彼氏はいらない3・フリーの方が気軽に異性と出かけられる

彼氏ができてしまうと周りの目や彼氏への罪悪感で異性と出かけにくくなってしまいます。

「あまり気にしないから」と口では言っていても、出かけるときは報告しなければいけなかったり、家に帰ってくるまで待っていたり、予定の時間を過ぎると車で迎えに来たりと嬉しい半分面倒に感じることも。

その点彼氏がいなければ、誰といつまで遊んでも文句を言われない自由があります。

ドキッとするような行動を仕掛けて、恋の駆け引きをいつまでも楽しめるのも魅力的です。

特に自分の魅力に気付いている女性であれば、男性が集まってくるかぎり自分の価値を承認されているようで日々のモチベーションを高めることもできます。

「彼氏がいなければ幸せになれない」とは限りません。

双方が傷つかないのであれば、あなたのライフスタイルや性格に合わせて男友達と付き合っていきましょう。

彼氏はいらない4・周りの評価と環境

彼氏がいない女性は周りからどう見られているのでしょうか。

男性を振り回す自分勝手な女性、本物の恋に出会えていない女性…など悪いイメージを持たれることもあります。

反対に一人でもリアルが充実している芯のある女性、シングルマザーとして活躍する女性の中の女性…など自立している美しさを象徴することもあります。

また、両親の離婚を経験し女手一つで立派に育った経験があると「彼氏がいなくても生きていける、彼氏がいなければ裏切られることもない」と異性を完全に信用しなくなる傾向も少なからず存在するのです。

過去の経験上、無意識のうちに恋愛を避け友人止まりでいるのであれば、一度その考えを断ち切り、踏み出してみることも必要かもしれません。

特に子持ちの家庭を築く際、友達ではなし得ないため、あなたの人生に必要なことは「彼氏がいなくても叶うのか」一度考えてみてください。

【男友達がほしい】異性の紹介

【男友達がほしい】異性の紹介

男友達を作るために、友人に紹介してもらうという最適な方法があります。

ただし、友人も紹介相手に「あなたがどのような人柄で、どのような友人関係を求めているか」などを伝えた方が親切です。

出会いたい友人のイメージは予め決めておきましょう。

また、お願いしておけば勝手に友人ができる仕組みは存在しないため、仲介時間を割いてもらうことを含め、お礼を伝えるようにしましょう。

必要最低限のマナーがない人は異性の友人を紹介して貰うどころか、既にいる友人と縁を切られてしまう可能性も。

特に紹介された相手に対する愚痴や不満を紹介してくれた友人に伝えることはNGです。

「相手が悪かった、どうしてもっとマシな人を紹介してくれないの?」などと問い詰めることも絶対やめてください。

異性の紹介1・紹介して貰う前に友人に本気度を伝える

「誰でもいいから紹介して」「暇つぶしに付き合ってくれる人呼んで」など真剣さがなければ、どれほど人柄の良い友人であっても、態度相応の相手しか紹介してくれません。

いい異性の友人を紹介してほしいのであれば誠意や目的に加え「なぜ異性の友人が必要なのか」その背景までしっかり伝えることをおすすめします。

あなたの話に素直で真摯なストーリーがあるほど、友人も共感してくれるはずです。

実際、人を紹介する時には、相手側と連絡を取った上でスケジュール確認を行い、それをあなたにも伝えなければいけないなどいくつか手順を踏む必要があります。

大抵の場合は「いい人がいたら、紹介するね」と口約束で終わるところを、行動してくれて実際に会う約束を取り付けてくれたのであれば、お礼や小さなプレゼントをお返ししましょう。

異性の紹介2・相手があなたに会ってくれた目的を聞く

注意しなければいけないのは、あなたが「異性の友人が欲しい」という目的で会いに来ていても、相手は「恋人が欲しいからまずは友達から」と目的がズレている可能性もあります。

一番危険な状況は既婚者で「セフレが欲しいから」など浮気目的で利用されることです。仲介の友人がいい人であっても、紹介された相手を完全に信じるのは少し危険です。

会う前に相手がどんな人か友人から具体的に聞き出すか、連絡先を貰って不安を無くしておきましょう。

この時に「紹介してくれた友人に悪いから…」とどんな人であろうと先ず会ってみるのではなく、メッセージの時点で「この人とは価値観が合わない」と判明したときは会わない勇気を持ちましょう。

その旨と「どうしてこの人は会わなかったのか」理由を友人に伝えることで、よりあなたの希望にあう別の人を紹介して貰えるかもしれません。

異性の紹介3・初対面の時は友人にサポートしてもらう

初対面の時は二人きりではなく、紹介してくれた友人について来てもらうことをおすすめします。

3人の都合が合う日を計画しましょう。友人は双方のことを知っているため「なぜこの人と気が合うと思ったのか。

共通点はあるのか」などある程度把握しているはずです。

異性の友人がいない方の特徴として異性に免疫が無かったり、話す話題が見つからなかったりするなどがあげられます。

サポートしてもらいつつ、共通点や魅力を引き出してもらうことで打ち解けることができるでしょう。

仮に仲介の友人と都合が合わなければ、ランチなど軽い食事をはさむことで、間を気にせず落ち着いて話すこともできます。

また、共通点を作ることも可能です。

映画であれば上映中は話す必要もなく、上映後は共通の話題が生まれているため、自然と感想を話す流れを生み出すことができます。

異性の紹介4・プレゼントやサプライズを用意しておく

「紹介して貰ったけど2回目に会う約束ができていない」

「気軽に誘えるほど1回目で関係性を築けなかった」

など1回目の印象で2回目に会えるか会えないかどうかも大体決まってしまいます。

常に友人経由で会う約束をすることは難しいので、できれば1回目で好印象を与えることが得策です。

そこで友人経由で1回目に会う前に好きな物を聞き出しておいて、1000円以内のプレゼントをサプライズで用意しておきましょう。

プレゼントは「あなたに会うことを楽しみにしていました」ということを形で伝える効果があります。

あまり高いものを用意すると2回目にそれ以上のサプライズを期待されてしまい自分が疲れてしまったり、相手も気を使って「会うときはプレゼントを用意しなければならない」と構えてしまったりするので、値段より相手が喜ぶものを優先しましょう。

【男友達がほしい】募集

【男友達がほしい】募集

学生であれば学校に行けば部活やサークルで自然と友人を作れたものの、社会人になると交流の場や同じ目的を持って一か所に集まる機会が減り、新しい友人を作ることは難しくなります。

子供がいるとママ友ができるものの、男友達はどこでできるのでしょうか。

実はSNSで募集する、アプリの掲示板で募集をする、オンラインコミュニティに参加するなど様々な方法があります。

TwitterやLINEなどのSNSはDL数が多く、同じ趣味や目的を持つ相手をフォローすればDMで送り男友達を作りやすいです。

しかし、ツイートをするとフォロワーや知り合いに公開されてしまうため、人の目が気になる人は向いていないかもしれません。

ここからは、周りにバレないように友人を募集する方法をご紹介します。

募集1・掲示板が利用できるコミュニティサイトを使う

有名なマッチングアプリ『ハッピーメール』は恋人募集以外にも利用可能です。

実際メル友、友達募集以外にも推し活仲間を探すために利用している方も大勢いるのです。

累計会員数は3000万人を超えている上「出会いたい」という目的は一致しているため、男友達を募集しやすいこと間違いなしです。

特に掲示板機能があるため、記入しておくことで相手からの連絡を気楽に待つことができます。

リアルの出会いと違い、仕事中や忙しい日であっても問題ありません。

マッチングしてから日程を決めることができるため、隙間時間で友達を作ることができるのです。

女性は登録と利用共に無料、自分一人や友人伝手で探すよりも大人数を相手に探すことができるので、まずは登録してみることをおすすめします。

募集2・SNSのサブアカウントを作って男友達を探す

LINEやFacebookはサブアカウントを作りにくいですが、TwitterであればGmailのアカウントを新規で作るだけで簡単に登録できます。

まずは、友人と出会うための専用アカウントを作りましょう。

周りにバレずに、気の合う異性の友人を探すことができます。

プロフィール欄をしっかり整え、出会いたい相手の特徴をツイートすることが重要です。

ニックネームや適当な名前に設定してしまうと、業者ばかりにフォローされてしまったり、身体目的の質が悪いアカウントにフォローされたりしてしまう危険を伴います。

気の合う男友達を探す際には、ツイート内容を確認して価値観が合うか確認します。

フォロワーが少なくとも50人以上いるアカウントであれば比較的リスクが低くなるため1つの目安にしてみてください。

募集3・Facebookのオンラインコミュニティに参加する

サークルや部活に所属しなくとも、Facebookにはスポーツや歌を含め様々な趣味に対応したオンラインコミュニティが存在します。

バレたくないのであれば上記で紹介したサブアカウントですが、比較的早くかつ直接出会いたい人であればFacebookで友達申請しメッセージを送ることをおすすめします。

実名のFacebookはプライバシーの面で心配な方もいるかもしれませんが、最近は特に規約が厳しくなりました。

業者やそれに関連したアカウント、広告や宣伝をしてくる怪しい相手はまとめて永久凍結させられるようになったため、他のアプリよりもセキュリティは高いです。

コミュニティに所属すれば、掲示板も設置できるためアプリと同等の機能は揃っています。

どこかに所属すると参加時のルールや挨拶があるため、面倒に感じる場合は自分でコミュニティを作ることも可能です。

募集4・居住地を絞って相手を募集する

SNSの出会いは良くも悪くも全国を相手にするため「都合が合えば、会いたいですね」と口約束で終ってしまうことも。

その点居住地を絞って近い人と約束することで、仕事後に出会うことも可能です。

『ハッピーメール』は全国相手がメインのため、地元コミュニティや身近で友人を探すことに特化したアプリが『ジモティー』です。

「男友達募集」で検索し、気になる掲示板やコミュニティを見てみましょう。

注意点としてサイト更新日が1か月以上前だと稼働しているか判断しにくいため、更新日が10日以内の募集を中心に探すことで早めの返信を受け取ることができます。

『ジモティー』も登録無料のため、趣味仲間、情報共有仲間、本音で語り合いたい仲間など自分の目的やライフスタイルに合わせて行動してみましょう。

【男友達がほしい】まとめ

男友達の魅力は伝わったでしょうか。友達は彼氏と違い、取り繕わなくともあなたを好いてくれる点、条件付きでなくとも助けてくれる点で家族のような存在です。

「類は友を呼ぶ」と言いますが、あなたが魅力的になればなるほど素敵な友人が現れることも覚えておいてください。

そしてひたすらほしいと願っても叶うはずがありません。

出会える人は出会いに行っている人だけです。友人が多い人はその分行動しています。

「男友達がほしい」から「あの場所に出かけて積極的に行動してみればできそう!」とイメージが膨らむようになって頂ければ幸いです。

イベント、趣味、アウトドア…出会いたい人がいる場所であれば、決まりはありません。

既にいる友人のサポートも得つつ出会いの確率を上げていくことを心掛けると、意外とあっという間に異性の友人ができるものです。