恋愛・婚活 PR

【告白の仕方・男】高校生が成功するセリフや方法

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

勉強に部活に忙しい高校生活。

そんななかでも、恋愛面をもっと充実させたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

しかし、好きな相手にどうやって想いを伝えればいいのか、悩んでしまいますよね。

今回は、高校生が告白を成功させるためのセリフや方法などを徹底的に解説していきます。

相手に思いを伝えるための言葉や、直接会って伝える方法やLINEなどで伝える方法なども解説しています。

この記事を参考に、好きな人に想いを伝えてみてみましょう。

【告白の仕方 男】セリフや言葉

【告白の仕方 男】セリフや言葉

まずは、相手に想いを伝えるためのセリフについて考えてみましょう。

セリフを考えるときに大切なことは、自分がどんなことを言いたいかではなく、相手が言われてうれしい言葉を使うことです。

そこで、今回は女子が言われて嬉しかった言葉を中心に、セリフを考えていきたいとおもいます。

セリフや言葉①ストレートに告白する

まずは、ストレートに気持ちを伝えるセリフを考えてみましょう。

回りくどいことは一切せずに、直球で「好きです、付き合ってください」と伝えることが最もストレートです。

やはり気持ちを伝えるのであれば、下手に色々な言葉をつけ足すよりも、気持ちが伝わりやすく、なおかつ心にも響きやすいようです。

ここでのポイントは、ただ付き合って欲しいというわけではなく、「好きだから」という言葉を添えてあげると効果的です。

もちろん「付き合って下さい」だけでも告白の言葉にはなるのですが、「好きです」という言葉をいれることで、より恋愛を意識した言葉になります。

逆に絶対にNGな言い方としては「付き合う?」と疑問形にすることです。

まず上から目線に聞こえてしまいますし、自分たちのその後を完全に相手任せにしてしまう言葉になります。

想いを伝えるときは、しっかりと相手に向き合ってまっすぐに伝えましょう。

セリフや言葉②名前を呼んであげる

もう一つ効果的な言葉としては、相手の名前を呼んでから告白することです。

例えば「〇〇のことが好きです。付き合ってください!」

といったように、ストレートに告白するセリフに付け加えるだけでOKです。

告白するときは緊張してしまうものですが、じつは相手も緊張していたります。

告白する前の緊張した雰囲気は、ほとんどの場合は相手にも伝わります。

告白されるかも…という緊張のなかで、名前を呼ばれると相手もかなりドキドキしてしまうのではないでしょうか。

自分に対して告白してくれているという実感も湧きやすいので、ぜひ告白するときはお相手の名前を読んであげてみてください。

セリフや言葉③大切にします

「大切にします」や「大事にします」という言葉も、女子に人気のあるセリフのようです。

この言葉の良いところは、相手に頼りがいのある男であるというイメージを与えることができる点です。

ただ付き合って欲しいという想いを伝えるだけではなく、付き合ったあとのことまでを想像することができるという点が魅力です。

また、大切にするという言葉から分かる通り、優しい印象を相手に与えることもできます。

しっかり頼りがいのある、優しい彼氏というのはなかなか理想的に感じることもあるようです。

セリフや言葉④ ずっと一緒にいてください

相手に「ずっと一緒にいたい」という想いを伝えることも効果的です。

付き合うという言葉を使っていなくても、好きであることが十分に伝えられる言葉ではないでしょうか。

この言葉を効果的に使うためには、相手との関係性が非常に重要になります。

例えば、いままで一緒に遊んだことや話したことがない人に対して「ずっと一緒にいてください」と言っても、あまり効果的ではないでしょう。

何度か遊んだことがある相手や、一緒にいて楽しいと感じてくれている相手に対して使うことをおすすめします。

そうすることで、この先もずっと楽しいと感じてもらうことができるでしょう。

【告白の仕方 男】成功

【告白の仕方 男】成功

告白するためのセリフの次は、成功させるためのポイントについて解説していきましょう。

ズバリ告白を絶対に成功させるポイントは、相手が自分のことを好きかどうかを確認することです。

当然のことに聞こえるかもしれませんが、じつは見極めが難しいポイントでもあります。

そこで、ここでは相手が自分のことを好きかどうかを見極めるポイントについて解説していきます。

成功のカギ 相手の好意を見極めるポイント①デートの回数

相手とのデートの回数は、相手の好意を見極めるためのポイントになります。

だいたい3回くらい2人だけでデートをすると、告白の成功率が高くなる傾向にあるようです。

ほとんどの場合、1回目のデートはお試しのような感覚です。それ以降、デートのお誘いを断られるようなことがあれば、告白しても成功する望みは薄いかもしれません。

また、お相手の方からデートの提案をしてくれたときは、告白成功の確率がかなり高まります。

相手の様子を伺って、告白をしてみましょう。

成功のカギ相手の好意を見極めるポイント②普段の会話やLINEのトーク

普段の何気ない会話や、LINEのトーク内容でも相手の好意を見極めることができます。

最も分かりやすい例えで言えば「〇〇君は彼女がいるの?」や「彼女は欲しくないの?」といった、こちらの恋愛事情を確かめてくるような内容です。

こういった質問は、ただ興味本位ということもありますが、あなたのことを気になっている場合にすることが多いです。

また、会話の内容でとくに用事がないのにLINEを送ってきたり、プライベートな内容を相談してきたりするときは、好意や信頼を持って話をしてくれていることもあります。

もし、告白したい相手がいるときは、普段の会話にも注意してみましょう。

成功のカギ相手の好意を見極めるポイント② 普段のしぐさや接し方から判断する

会話の内容以外にも、普段のしぐさや行動などから判断することもできます。

とくに、一緒に遊んでいるときの行動には要注意です。

ボディタッチが多い場合や、逆にこちらからのボディタッチを拒否しないないとき。

また、複数人で遊んでいても、自分への目線が多いときなどはかなりチャンスといえるでしょう。

また、一緒に遊んだ前後の反応でも、相手の気持ちを確かめることができる場合もあります。

例えば、デートの予定を、かなりギリギリで伝えたとしましょう。

デートを提案した日に他の用事が入っていたとしても、日程を調整してくれることもあります。

この場合は、ほかの予定をずらしたとしても、あなたと遊びたいと考えることもでき、あなたの優先度を高めてくれているのです。

また、デートの後の行動にも要注意です。

一緒に遊んだことをインスタのストーリーなどのSNSにアップしているときは、あなたとの関係をほかの人にも公表しても良いと考えており、本気で考えてくれている可能性があります。

このようにデート前後での行動にも注意しましょう。

【告白の仕方 男】高校生の告白事情

【告白の仕方 男】高校生の告白事情

告白のセリフや、告白を成功させるための条件について見てきましたが、ここでは高校生の告白事情についてチェックしていきましょう。

そもそも、告白は男からするモノなのか、告白する方法は直接なのか、それともLINEをつかっているのかなど。

イマドキ高校生の告白事情をチェックしていきましょう。

高校生 告白の方法は?

告白するときは直接会ってするものという考えの人もいるようですが、LINEなどのメッセージで告白するひともいるようです。

とはいえ、告白をする方法で最も多いのは、やはり直接会って告白する方法です。

次に多かったのは、LINEなどのメッセージアプリで告白する方法でした。

直接会って告白する方法よりもやや少ない結果ではありますが、ほとんどの人は、直接かLINEなどのトークアプリのどちらかで告白をしているようです。

それ以外の告白方法では、手紙を使った告白もありました。

手紙は女子が男子から告白するときに使われることが多いようです。

もう一つの手段は電話です。

直接会うことはできないけど、声で想いを届けたいという人にはおすすめの手段ですね。

ほかにはSNSのメッセージ機能を使う、メール、もしくは友達に伝えてもらうなどの方法がありますが、できれば直接かLINEなどで伝える方が良いと思われます。

高校生 告白はどっちから?

告白は男性がするものという考え方はもう昔のもの。

今は女子から告白することも多いようです。

実際にアンケートでは、やや男子の方が多いものの、およそ半分くらいであるという結果が出ていました。

とはいえ、あくまで半分程度ですので、待っていれば誰かから告白されるということでもありません。

また、男子から告白した方が、付き合いが長続きするという傾向にあるようです。

これは人間の生存本能などが関係しているようです。

男性は追う側、女性は追われる側の恋が好きな傾向が強いので、男性から告白した方が成功するのかもしれません。

とはいえ、これは人によります。

草食系男子、肉食系女子などという言葉もあるくらいですので、そういう傾向をある程度に考えておけばよいでしょう。

高校生 告白した場所は?

告白をするときはセリフも大切ですが、場所やタイミングも重視したいですよね。

お互いのムードを高める場所を選んで告白をしましょう。

最もオーソドックスな告白場所は、やはり学校のようです。

とくに放課後で人がいない教室や、部活動おわりに人がいなくなった部室などで告白する人が多いようです。

ただし、急に誰かが入ってきて、雰囲気を壊してしまうこともありますので注意しましょう。

次に多いのが帰り道などで告白をするケースです。

通学経路が一緒だったりすると、寄り道などがしやすく、2人きりになるタイミングも多いのではないでしょうか。

また、帰り道に公園などに誘導して告白することもできます。どちらも、あまり騒がしくなくて人気がないタイミングで告白すると良いでしょう。

もちろんどこかに出かけたタイミングや修学旅行などで告白することもおすすめです。

もし、自分で考えてデートスポットなどに行ける人は、景色や雰囲気のいい場所で告白してみてはいかがでしょうか。

【告白の仕方 男】タイミングを解説

【告白の仕方 男】タイミングを解説

告白するセリフも大切ですが、タイミングも非常に重要になります。

お互いの雰囲気が全く盛り上がっていないのに告白してしてしまうと、フラれてしまうことも…。

「えっ!ここで告白するの?」なんて思われないように、告白するタイミングを見極めましょう。

タイミングを解説 告白はいつがベスト?

告白をするタイミングですが、出会ってすぐというわけにはいきませんよね。告白はできるだけ会話がスムーズに進むようになってからにしましょう。

告白を確実に成功させたいときは、3回程度デートに出かけていると、確率をかなり高めることができます。

詳しくは告白の成功率を高める方法でも解説をしていますが、ポイントを押さえて相手の好意を確かめることができるようになってから告白をしましょう。

タイミングを解説 告白するのはイベントのときがベター

告白するのはイベントのときにすると良いでしょう。

告白するときの雰囲気は非常に重要です。

お互いの気持ちが高まっているときに告白をすると、成功の確率を高めることができます。

イベントのときはお互いにテンションが上がっていることで、告白の成功率を高めてくれます。

また、イベントを利用してお互いの距離を縮めることで、気になる人と急接近することができるでしょう。

とくに告白するベストなタイミングとなるのは、体育祭や文化祭などの学校としても大きなイベントや、合宿や修学旅行などの宿泊行事などです。

文化祭などは自由に行動できる機会が多いので、2人で抜け出すこともしやすいのではないでしょうか。

また、修学旅行は、とくにテンションが上がりやすいポイントでもありますので、こっそり2人で抜け出して告白なんてこともできるかもしれません。

一つ注意ポイントとしては、イベントごとを使うときは、直接会って告白する方が良いでしょう。

また、しっかりとイベントごとに参加しておくことをおすすめします。

タイミングを解説 告白するときに注意点

いざ告白するときは2人きりでのタイミングで告白をしましょう。

たくさんの人の前で公開告白をする人もいるようですが、相手によっては恥ずかしいと感じてしまい、告白どころではなくなってしまうこともあるからです。

また、周囲がうるさい場所での告白やファミレスなどの雰囲気がない場所での告白も避けた方が良いでしょう。

さらに、告白する前の行動にも注意しましょう。

普段の何気ない会話のなかでいきなり告白されても、脈絡がないので相手を驚かせてしまいます。

しっかりと雰囲気作りから場所の選定、会話の流れなどをしっかりと考えて告白をするようにしましょう。

【告白の仕方 男】恋愛

【告白の仕方 男】恋愛

高校生の恋愛事情は常に変化してきています。

とくにインターネットの発達によって、コミュニケーションが取りやすくなっていたり、出会いの場が増えていることが要因になっているようです。

それでは、自分の周りやほかの高校生は、どのような恋愛事情を抱えているのでしょうか。

次は、高校生の恋愛事情について見ていきましょう。

恋愛・付き合ったことがある人はどれくらいか

高校生になると、多くの人が恋愛を経験します。

アンケート調査などによると、およそ半分程度の人が彼女がいたことがる、もしくは現在彼女がいると回答しているそうです。

これは男子校に通っている人や恋愛を禁止しているなどの学校の特色によって変わってきますが、概ね半分くらいの人は恋愛経験があるようです。

さらに、好きな人はいると回答したなかで、告白をせずにこのままの関係を続けると回答した人が全体の半分程度にもなるという結果がでています。

つまり、片思いのまま高校生活を過ごしている人がかなりいるのです。

たしかに、告白した相手にフラれてしまい、微妙な関係になってしまうなら、そのままの関係でいた方がいいと考えてしまいますよね。

しかし、もし告白が成功して付き合えることになれば、もっと関係が進展するはずです。

もっと2人の時間を増やすことができるかもしれませんし、もっと楽しいことができるかもしれません。

高校生活はとても短いです。思い残すことがないように勇気をだしてみましょう。

恋愛・出会いの場は?

高校生が出会う場所といったらもちろん学校です。

ほとんどの人が学校で出会い、告白をしているようです。次いで多かったのは地元の友達や幼馴染に告白したという人です。

高校生になってから地元を離れてしまう人もいますが、小中学生のときの友達との付き合いが長ければ、恋愛に発展することもあるかもしれません。

もしくは、部活動のつながりや文化祭での交流などで、別の学校の生徒と恋愛関係になることもあるようです。

学校が違うとなかなか時間を併せることが難しかったりしますが、気になる相手がいる人は、アプローチしてみてはいかがでしょうか。

また、昔に比べて増えてきているのが、インターネットを通して知り合った人との出会いです。

SNSなどを通して交流ができるようになったことで、共通の趣味などを持った人と出会うこともできます。

ただし、インターネットを使った出会いは、事件や事故などのトラブルに巻き込まれる可能性も高いので、あまりおすすめはできません。

もし、彼女が欲しいと思ったら、学校の中で交流を増やしていくことをおすすめします。

【告白の仕方 男】ウェディング 高校生で付き合って結婚するカップル

【告白の仕方 男】ウェディング 高校生で付き合って結婚するカップル

最後に高校生で付き合い始めたカップルで、結婚までたどり着く人はどれくらいいるのかについて解説します。

せっかく告白に成功したのなら、できるだけ長く付き合いを続けて行きたいですよね。

そこで、高校生カップルが結婚までたどり着けるのかどうかや、長く付き合うコツについて解説します。

ウェディング・高校生カップルは短命?

残念ながら高校生で成立したカップルのなかで、結婚までたどり着くことができるカップルはかなり少ないと考えられます。

さまざまなアンケート調査の結果から推定すると、高校生で付き合ったカップルが結婚できる確率は10%程度だと思われます。

その理由としては、高校生~大学生、そして社会人になるタイミングでは、ものの考え方や価値観が非常に大きく変わります。

もちろん、彼女やパートナーに求める条件もそれなりに変わってきてしまうのも仕方のないことです。

お互いに高校生時代は魅力を感じていても、年齢を重ねるごとに惹かれなくなってしまうこともあるでしょう。

だからといって、高校生時代の恋愛は決して無駄ではありません。

高校生時代にまったく恋愛経験なしの人と、少なからず恋愛をしたことがある人では、大学生以降の恋愛事情に大きな違いが出てくることもあります。

もし、別れてしまっても人生経験と考えて、相手には感謝の気持ちを持つと良いでしょう。

ウェディング・感謝の気持ちを伝える

不思議なことですが、「ごめん」よりも「ありがとう」を伝えるカップルの方が長続きをする傾向にあります。

例えば「カバン持っててあげるよ」と彼女が自分の持ち物を持っていてくれるタイミングで、「ごめんね!」と言ってしまいそうになるのですが、そこは「ありがとう」と伝えてあげましょう。

この「ありがとう」という感謝の言葉は、かなりさまざまな場所で使えます。

あいてに申し訳ないと感じてしまう気持ちは分かるのですが、そこはあえて感謝の気持ちを伝えてみましょう。

感謝の気持ちをあらわすことは、お互いにプラスの感情を与えることが多く、謝罪の言葉よりも良い印象を与えることができます。

ただし、相手が本当に怒っているときにありがとうと伝えてしまうと、さらに炎上することもありますので、状況によって使い分けてくださいね。

ウェディング・環境の変化に要注意

学年が変わるタイミングのクラス替えや受験シーズンなどには注意が必要です。

大きな変化のタイミングでは、考え方や価値観が変わることがあるので、破局の原因になることもあります。

また、高校を卒業したあとに、それぞれ違う進路に進むときも注意しましょう。

大学や会社などは、高校よりもさらに違った価値観の人と触れ合う場になります。

さまざまな人や環境の影響をうけることで、彼女の価値観が変わってしまうことがあります。

環境の変化による破局を避けるためには、こまめに連絡を取ることが必要です。

コミュニケーションを取ることで、相手の変化に合わせてあげると良いでしょう。

【告白の仕方 男】まとめ

告白の方法やセリフなどを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

恋愛における告白は、一大イベントのように考えられていますが、じつはそこまで大切なことではないという考え方もできます。

告白は相手と付き合うための一番最初の段階にすぎません。ここでためらってしまっては、その先に進むことは難しくなります。

もし告白をしようか悩んでいる人は、この記事を参考に行動をしてみましょう。

少しづつ告白するための課題をクリアしていけば、告白を成功させることはけっして難しくないはずです。

セリフ、場所、タイミング、お互いの関係性など、伝える方法など、さまざまなことをしっかりと考えて、ぜひ気になる相手に想いを伝えてみましょう。