恋愛・婚活 PR

【恋愛できない男は欠陥?】特徴や感情・難病が理由?

【恋愛できない男は欠陥?】特徴や感情・難病が理由?
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

10代で彼女がいないことはまだ分かるのですが、20代、30代になって彼女ができないと、段々と焦りを感じますよね。

必死に彼女を作りたいと考えていても、なかなか上手くいかずに悩んでいるかたも多いのではないでしょうか。

最初に断っておきますが、彼女ができないからといって、人間として重大な欠陥があるということではありません。

本記事では、恋愛ができない男の理由や特徴についてまとめてみました。原因を追求することで、改善の手段を見つけるための手がかりにしましょう。

\ 初めてなら初回30分無料 /

【恋愛できない男は欠陥】理由

【恋愛できない男は欠陥】理由

恋愛ができない男性には、さまざまな理由が考えられます。

例えば、過去の経験が影響していたり、出会いの機会が少なかったりすることが影響しているようです。

また、最も典型的な事例としては、女性とのコミュニケーション能力が不足している可能性があります。

例えば、男性同士のコミュニケーションは問題なくとれるものの、女性とのコミュニケーションがまったく取れないという男性もいます。

こういったコミュニケーションの問題は、育ってきた環境やいままでの経験などが大きく影響するようです。

しかし、コミュニケーションなどの問題は、今後の行動次第では改善することもできます。まずは、自分がなぜ恋愛をできないのかを考えてみましょう。

ここでは、なぜ恋愛ができないのかについて解説していきます。まずは、自分に当てはまるものがないかをチェックしましょう。

理由1・コミュニケーション能力が足りない

まず、大きな理由として考えられるのは、コミュニケーション能力が不足しているということです。

そもそも人とのコミュニケーションが苦手という人や、女性と話すことが苦手という人など、さまざまなタイプの人がいると思います。

もちろん本人の生まれ持った性質という可能性もありますが、コミュニケーション能力が不足する原因としては、育った環境が大きく影響する可能性があります。

例えば、兄弟がいる人は、家族とコミュニケーションを取る機会が多いため、コミュニケーション能力が高い傾向があるようです。

逆に、一人っ子として育った場合は、年齢が近い人とのコミュニケーションが低くなることもあります。

また、女性とのコミュニケーションに影響する要因としては、男子校出身や男性が多い家族のなかで育ったなど、経験則的な部分が大きく影響します。

改善するためには、まずはコミュニケーションを取る機会を増やすことがあげられます。

理由2・出会いの機会が少ない

純粋に出会いの機会が少ない可能性があげられます。これは数値的にも考えることができます。

人間が約80年の人生で、なんらかの接点を持つ他人の数は、約30,000万人といわれています。

もし、外交的に人と関わらないようにしていれば、さらにその数は減っていく可能性があります。

また、関わる人間が男性ばかりになれば、自然に恋愛の機会損失をしていることになります。

これらの数字はあくまで統計的な数値ですので、自分の意思でいくらでも変えることができます。

とくにインターネットが発達した現代では、さまざまな方法で出会いの可能性を広げられるようになっています。

出会いの場の広げ方はあなた次第です。

出会いの場が少ないことで悩んでいるならば、改善はいくらでもできるでしょう。

理由3 ・純粋に時間がない

恋愛に使うための時間が確保できないという場合も。日々の仕事に追われてしまって、出会いの場に立つことすらできないという人もいます。

たしかに、平日は仕事に追われて、土日は疲れて寝ているという人もいるのではないでしょうか。

また、趣味が充実していると、余暇の時間もしっかりと時間を取られてしまい、恋愛に時間を費やしている余裕がありませんよね。

純粋に恋愛に割いている時間が少なければ、恋人を作ることは難しくなってしまいます。

しかし、出会いは意外なところにも転がっているものです。

例えば職場恋愛という言葉があるように、会社内で恋人ができるかもしれません。

また、趣味を通じて出会った女性といい雰囲気になることもあります。

理由4・過去に嫌な経験している

過去に恋愛で苦い経験がある人は、その記憶が邪魔している可能性があります。学生時代にひどいフラれ方をしてしまった。

告白をしたけど、残念ながらフラれてしまったなど、理由はさまざまです。

こういった恋愛や女性関係に関する失敗は、現在の恋愛に影響を及ぼすことがあります。

こういった過去の経験は、他人には理解してもらうことが難しく、一人で悩んでしまうこともあります。

本来であれば、笑い話程度で済むことであれば良いのですが、悲惨なフラれ方をしてしまうと、女性関係が嫌に感じてしまうこともありますよね。

もし、恋愛で嫌な経験をしたときは、早く忘れてしまうことがベストです。

ただし、女性関係で学んだことがあれば、次に活かすための経験材料にすると良いでしょう。

【恋愛できない男は欠陥】特徴

【恋愛できない男は欠陥】特徴

さまざまな理由から恋愛ができない人がいますが、そういった人たちに共通する特徴はあるのでしょうか。

じつは、さまざまな観点から恋愛ができない男性をみてみると、一定の共通点が見えてくるようです。

恋愛ができない男性の特徴というと、ネガティブなものが想像されますが、じつはそうとも限りません。

本来はポジティブにとられるような性格でも恋愛の足を引っ張ってしまっている可能性もあります。

ここでは、恋愛ができない男性の特徴を、4つのポイントに絞って解説していきます。

実際に性格を変えて、今すぐに恋愛向きの体質にすることは困難です。

しかし、どういったポイントが恋愛の足を引っ張っているのかを考えることは、改善の役に立つかもしれません。

特徴1・ネガティブ、根暗

ネガティブな思考は、恋愛を遠ざける一因にもなります。

恋愛においてネガティブであると、ここぞというときに一歩を踏み出せなかったり、そもそも女性に近づくことが嫌になったりと、デメリットが多くなってしまいます。

また、陰鬱な雰囲気があるというのも良くないでしょう。

ちなみに、クールと根暗は全くの別です。寡黙でクールない印象というのは、見た目や立ち振る舞いが引き締まっていて、凛々しい様子を示しています。

決して見た目が整っているということではなく、言葉遣いや振る舞いに凛々しさがあるということです。

逆に根暗というのは、性格や雰囲気が暗いという意味です。

常に明るくふるまう必要はありませんが、たまには笑顔を見せたり、会話は明るく返すなどの雰囲気が大切です。

特徴2・仕事人間

バリバリの仕事人間で、今は恋愛なんかをしている余裕がない!という人も恋愛が遠のく傾向があります。

理由の項目でも解説しましたが、女性との出会いに使う時間が少なければ、恋愛につなげることも難しくなってしまうからです。

そもそもなのですが、何のために働いているのかという、働く目的の考え方が違う人もいるかもしれません。

例えば、彼女はいないけど、将来的に結婚を考えているという人は、働いたお金をしっかりと貯金するなり、お相手探しのためにお金を使ったりするでしょう。

しかし、働くこと自体を目的としているときは、現在の自分に投資したり、土日も仕事のための行動を取ったりと、恋愛に費やす時間が少なくなっていることがあります。

決して悪いことではありませんが、もし恋愛をしたいというひとは、ワークライフバランスを考えてみると良いでしょう。

特徴3・清潔感がない

これは見た目に関することですが、清潔感がない男性は恋愛ができない傾向にあるようです。

さまざまなアンケートを見てみると、女性が男性の第一印象で最も気になるポイントは「第一印象」であるといわれています。

それほど重要なポイントを欠いてしまっているとなると、女性からの印象が悪くなることは想像がつくでしょう。

ちなみに、清潔感として挙げられるポイントはいくつかあります。

一番重要なことは、「衛生的であること」です。

「髪型」「ヒゲ」「爪」「体臭や口臭」など身体的な部分から、きれいな服装などのファッションに関する部分も清潔感に含まれます。

決して見た目が優れている必要はありませんが、最低限のエチケットは守らなければなりません。

特徴4・コミュニケーション能力が低い

人とのコミュニケーション能力が低い人も、恋愛ができない男性に多い特徴です。

理由でも解説しましたが、そもそも会話が成り立たない場合は、恋愛どころか男性とのコミュニケーションにも影響が出てしまうでしょう。

コミュニケーションの取り方は、いままでの経験などに大きく影響される部分ですので、すぐに変えることは難しいかもしれません。

いまからでも経験を重ねて、学んでいくことがおすすめです。

ちなみに、コミュニケーション能力が低いというのは、上手く話せないことだけではありません。

例えば、相手の話を無視して、自分がしゃべりすぎてしまう人は要注意。コミュニケーションとは双方向的な話し合いのことをいいます。

一方的に話しかけるのはコミュニケーションとは言えません。

とくに自分が得意な分野や好きな趣味の話になると、ついつい喋りすぎてしまう人もいるようですので、身に覚えのある人は注意しましょう。

【恋愛できない男は欠陥】感情

【恋愛できない男は欠陥】感情

ここまで恋愛ができない人の理由や特徴について紹介してきましたが、そもそも恋愛ができない最大の要因となるものがあります。

それは「もともと恋愛に興味がない」ということです。じつは、恋愛に興味を持てないという男性は意外に多くいます。

恋愛感情が欠落しているからといって異常というわけではありません。

恋愛感情を持てないことにも何か理由があるはずです。

そもそも恋愛という感情自体、非常に複雑なもので、具体的に定義することは難しく、人によってさまざまな感じ方があります。

そのため、恋愛感情を芽生えさせるためにどのような行動を取るべきかは、かなり多岐にわたります。

一般的に恋愛感情がない人は、どんな理由があるのか、どうすればよいのか、一例を紹介していきます。

感情1・恋愛感情がない理由

相手のことを好きだと感じることがないという人は、他人に興味がないことが多いようです。

興味が持てない原因はさまざまですが、趣味や仕事が忙しいという場合が最も多いようです。

ほかに時間を使う必要があるため、他人に構うヒマがないという人も多いのではないでしょうか。

また、恋愛に興味がないわけではなく、興味を持つことを嫌がっている可能性もあります。

例えば、過去の人間関係からのトラウマや、異性が苦手と感じている人は、恋愛に興味を持つこと自体を避ける傾向があります。

過去にひどいフラれ方をすれば、恋愛ができなくなる気持ちも分かりますよね。

なかには、そもそも恋愛感情がどういうものなのか気付いていない人もいます。

これも経験がないと気付けないことが多いですので、さまざまな経験していくうちにどこかで気付くこともあるでしょう。

感情2・そもそも恋愛感情がなにかわかっていないことも

そもそも、恋愛感情がなにかを理解していない人も一定数いるようです。

先ほども少し説明しましたが、恋愛感情というもの自体が曖昧で、具体的に説明することも難しいものです。

どうすれば恋愛をしている状態になるのかという定義は、人によっても異なってきます。

この状態を脱却するためには、自分自身で恋愛をしているという状況を経験しなければなりません。

例えば、女性のことが可愛いと思い気になるというのも一種の恋です。

アイドルやタレント、もしくは二次元のキャラクターが気になるというのも、好きという感情を向ける一種の恋かもしれません。

もし、どうしても恋愛という感情が分からないという人は、恋愛をテーマにした映画やドラマ、漫画を読んでみるのも良いでしょう。

内容が多少大げさではあっても、明確に恋愛を描いているものを見ることで、疑似体験できるでしょう。

感情3・感情の起伏が少ない

恋愛が苦手な人は、自分の感情を素直に表現できない人や、そもそも感情の起伏が少ない傾向にあるようです。

喜怒哀楽が全般的に少ない人もいるようですが、とくに楽しいや嬉しいなどの感情が少ない人は、恋愛ができない傾向にあります。

なぜ、感情表現が少ない人が彼女のできない傾向にあるのかというと、一般的には恋愛の相手に共感性を求めることが多いからです。

共感性とは、他者と喜怒哀楽の感情を共有することです。

なにかを一緒に過ごして楽しいと思うことや、美味しい料理を食べられて嬉しいなど、感情を共有したいという思いを恋愛相手と共有したいという思いがあります。

感情の起伏が少ない人は、こういった共感性を得ることが難しいと思われがちで、恋愛対象から外れてしまうこともあります。

感情4・恋愛感情はなければならないもの?

結論から言えば、恋愛感情は必ずしも必要とは限りません。

お互いのフィーリングや価値観が合えば問題ないでしょう。

そもそも、恋愛感情を持てないというのは、男性だけとは限りません。女性のなかにも恋愛感情が持てない人もいるはずです。

男女が一緒にいることや、結婚する理由は好きだからという理由だけではありません。

お互いの価値観が一致しているからという人もいますし、お互いを高めあえるパートナーとして一緒にいる人もいます。

とくに、結婚観のあり方が問われる現代では、夫婦というあり方自体が変わりつつあり、パートナーという形をとる男女も増えているようです。

ただし、恋愛という感情が特別なことであることは事実です。

相手のためにより努力することができたり、温かい気持ちになったりと、プラスで作用することもあります。

【恋愛できない男は欠陥】難病?

【恋愛できない男は欠陥】難病?

恋愛感情を持てないということを病気だと考える人もいますが、そもそもそのような病気は確認されていません。

しかし、心理的な面が非常に大きく反映される恋愛においては、精神的な病気が影響する可能性があります。

また、生まれ持った個性として恋愛ができない人もいるようです。

ここでは、精神的な疾患により恋愛ができない人と、性的マイノリティーについて見ていきましょう。

 性的マイノリティーとしては確認されている

恋愛ができないという病気はありません。そもそも疾患の類で恋愛を分類することはかなり難しいでしょう。

恋愛ができない人のことをあらわす言葉として「アセクシャル(エイセクシャル)」というジェンダー用語があります。

これは、LGBTと同じように、性的マイノリティーを示す言葉になっています。

そのなかでも、他者に対してそもそも恋愛感情を持たないタイプを「アロマンチック・アセクシャル」と呼びます。

実際に、このようなアセクシャルと呼ばれる人は、人口の約1%程度は存在することが確認されています。

このように、そもそも生まれつき恋愛感情を持たない人もいるようです。

繰り返しお伝えしますが、これは病気ではありません。性的マイノリティーはその人が持つ個性です。

そのため、医学的に治すことはできませんし、そもそも治すこと自体が必要ないこともあります。

 過去の経験からトラウマを感じている

恋愛ができない男性のなかには、過去の苦い経験から精神的なストレスを感じている可能性があるようです。

よくPTSDという言葉が聞かれますが、PTSD(心的外傷後ストレス障害)は、生死の境目をさまようような事故やケガをした際に発症する精神疾患です。

失恋などの経験は、外傷ではありませんし、直接的に死に関わるような可能性も少ないため、PTSDとは少し異なりますが、心的に強いストレスを感じる場合もあるようです。

とくに告白してフラれたりしたときは、自分を強く否定されたような気持ちになり、落ち込んでしまうこともありますよね。

そのため、過去の経験から恋愛を避ける人もいるようです。

多くの場合は、時間が解決をしてくれることもあるようですが、誰かに相談したり、過去の経験を超えるような出会いをすることも状況を改善してくれるみたいです。

【恋愛できない男は欠陥】まとめ

ここまで恋愛ができない男性について確認してきましたが、いかがでしたでしょうか。

結論は、いままでの解説でも見てきた通り、恋愛ができないということは、欠陥ではありません。過去の経験や、もともとの性質など、恋愛ができない理由は人それぞれです。

簡単に治せることもあれば、今まで育ってきた習慣などから変えることは難しいこともあるでしょう。

しかし、経験することは非常に重要です。恋愛がどういうものなのかということや、女性とのコミュニケーションの取り方など、経験を積むことで改善できることもたくさんあるでしょう。

もし、恋愛ができないことで悩んでいるならば、まずは自分から行動を起こし、経験値を集めていくことが必要ではないでしょうか。

\ 初めてなら初回30分無料 /