恋愛・婚活 PR

【既婚者の恋愛ごっこ】不倫に注意と理由と解説

【既婚者の恋愛ごっこ】不倫に注意と理由と解説
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

既婚者の恋愛ごっこは「婚外恋愛」とも言われるもので、配偶者以外の人と疑似的な恋愛関係を楽しむ行為です。

ほとんどの場合は、配偶者との関係を保ちながら、ほかの異性と恋愛関係を持つことを指します。

人によって恋愛ごっこを行う理由はさまざまですが、結婚生活からは得ることのできない恋愛のドキドキ感を味わえることに魅力を感じる人が多いようです。

しかし、聞こえは可愛い恋愛ごっこですが、そもそも配偶者以外の人と恋愛関係を持つ行為は不倫と同じではないかと考える人もいるでしょう。

恋愛ごっこの関係性がどこまで進展するかにもよりますが、リスクのある行為ではあります。

今回はそんな恋愛ごっこにハマってしまう理由や注意点についてまとめています。

もし、恋愛ごっこをしたいと考えているのであれば参考にしてみてください。

【既婚者 恋愛ごっこ】解説

【既婚者 恋愛ごっこ】解説まずは恋愛ごっこがどういうモノかをチェックしていきましょう。

冒頭でも説明した通り既婚者の恋愛ごっこは、配偶者以外の異性と疑似的な恋愛関係になることです。

ここでいう疑似恋愛は、想像上の話ではなくしっかりと相手と恋愛関係にあることを指します。

ただし、配偶者との関係も良好な場合が多く、人によっては浮気と判断しづらいことも特徴です。

また、体の関係がないいわゆるプラトニックな恋愛にあることも浮気との判別を難しくしているようです。

配偶者との関係を考えるとリスクのある行為に感じますが、当人はそれを含めて楽しんでいることもあるため、一度ハマるとなかなか抜け出せないことも…。

そんな既婚者の恋愛ごっこの特徴について詳しく解説します。

解説1・配偶者への気持ちはしっかりと持っている

浮気や不倫のように見える恋愛ごっこですが、一番の違いは配偶者への気持ちがしっかりと残っていることです。

例え配偶者への気持ちが薄くなっていたとしても、離婚まではしたくないという気持ちが強く、浮気や不倫と比べて恋愛ごっこの相手への本気度が低いことがほとんどだと考えられます。

既婚者の恋愛ごっこはあくまでも遊びの延長です。

結婚生活では得られない恋愛のワクワク感を味わいたいという理由が最も多く、結婚生活を重視することが前提での付き合いが中心となります。

ただし、配偶者が恋愛ごっこをどのように捉えるかは分かりません。

少なからず自分以外の人と恋愛をしていることは良い気分にはならないはずですので、不倫や浮気ではないからといって安心するのはやめましょう。

解説2・プラトニックな恋愛が多い

既婚者の恋愛ごっこは、結婚生活からは得られないドキドキ感を求める人がほとんどです。

既婚者の人は理解できるかもしれませんが、結婚生活は長く続くとマンネリ化してしまうことがあります。

付き合いたての頃のような恋の駆け引きや、お相手の知らない一面に気付いてドキドキするなど、新鮮な感情を味わう機会も減ってしまうかもしれません。

恋愛ごっこでは、そのような新鮮な恋愛感を再び体験できます。

少し昔に立ち戻った感覚で、配偶者以外の人との恋愛を楽しむということが多いようです。

そのため、既婚者の恋愛ごっこでは体の関係を求めることは少なく、あくまでプラトニックな恋愛が中心になります。

どこかに出かけたり、食事を楽しんだりと、ちょっと仲の良い異性といったくらいです。

解説3・未婚者の恋愛ごっことは少し違う

既婚者と未婚者の恋愛ごっこでは、少し定義が異なります。

既婚者の恋愛ごっこが配偶者以外の異性との疑似恋愛であるのに対し、未婚者の恋愛ごっこは恋愛感情のない付き合いだと考えられます。

つまり、体面上は付き合っている風に見ることができますが、実際にはお相手に恋愛感情はなく、その他の目的のために付き合っている状態ということです。

恋愛以外の目的は人それぞれ異なりますが、例えば体目的での付き合いもこれに当てはまるでしょう。

もしくは、グループ内の人気者と付き合っているというステータスが欲しいという場合や、今付き合っている人と別れたときの保険がけとして異性と付き合いを持っている場合も、恋愛ごっこと考えることができます。

そのため、既婚者と未婚者では目的が少し違ってくることが特徴です。

【既婚者 恋愛ごっこ】本気

既婚者の恋愛ごっこは遊びであることがほとんどです。

基本的には本命は配偶者であり、その他の異性との関係は本気ではないのです。

そのため、既婚者に恋愛感情を持ってしまい、相手がそれに応じるような素振りを見せたとしても、最終的に良い結末を向かえることは少ないでしょう。

しかし、恋愛は不思議なもので、最初は遊びのつもりであっても付き合いを続けているうちに恋愛感情を持つようになってしまったりと、当人でも予想のつかないことが起きることもあります。

ここでは、そんな既婚者の恋愛ごっこの本気度について解説していきます。

恋愛ごっこの基本的な本気度から恋愛へ変化する心理状況についても紹介していますので、恋愛ごっこをしている人は参考にしてみてください。

本気1・基本的に本気度は低い

基本的には恋愛ごっこの本気度は低いと考えるようにしましょう。

恋愛ごっこをする既婚者の気持ちは、ほとんどの場合は配偶者にあります。

つまり、結婚生活を中心にしたうえで、プラスアルファで異性との恋愛をしたいと考えているのです。

ただし、いかに「ごっこ」とはいえ、やっていることは捉えようによっては不倫や浮気と変わりません。いくら遊びであっても結婚生活を脅かす行動であることは認識しましょう。

もし、結婚生活を大切にしたいと考えているのであれば、配偶者との関係を改めてみることがおすすめです。

結婚生活でマンネリ化しているとはいえ、一度は恋愛を経て結婚をした相手です。

子どもができたなどの都合で、全てが昔のようにとはいかないかもしれませんが、少しはドキドキした頃に戻れるように努力をしてみるのはいかがでしょうか?

本気2・既婚者から恋愛ごっこを仕掛けられたら

もし、既婚者から恋愛ごっことも取れるような行為を仕掛けられたときは、どのように対処したら良いでしょうか?

結論から言えば、それとなく断り続けた方が良いでしょう。

既婚者の恋愛ごっこは遊びであることがほとんどです。

そのため、既婚者を相手に本気で恋愛をしても、結果として良い方向に向くことは少ないでしょう。

また、相手が既婚者である以上は配偶者がいます。

ごっこであっても、配偶者から見ればあなたは不倫や浮気の相手に見えてしまいます。

万が一、既婚者と体の関係を持ってしまうと不貞行為とみなされてしまい、さまざまなトラブルを起こす可能性も。

そのため、既婚者から関係を求めるようなアプローチがあっても、それとなく断り続けるようにした方が無難でしょう。

本気3・遊びが本気に変わることも

最初は遊びのつもりで付き合っていても、関係を続けていくうちに本気の恋に変わっていくこともあります。

実際に好きでもない人に対して、「好き」という言葉を投げかけ続けることで、本当に好意を抱いてしまうこともあるのです。

こういった現象をよく言霊と呼んだりしますが、口にした言葉通りの結果になることがあるようです。

とくに既婚者の恋愛ごっこは、結婚生活にはない恋愛のドキドキ感を味わうことができます。

どこか懐かしいような恋愛感情にハマってしまう人がいてもおかしくありません。

しかし、既婚者が恋愛ごっこの相手に本気になるということは、家庭とのバランスを崩壊させることでもあります。

最終的には不倫などと同じく、離婚に至るケースも少なくはありません。

【既婚者 恋愛ごっこ】理由について

既婚者が恋愛ごっこをする理由はさまざまです。

しかし、多くの原因は結婚後の生活にあると考えられます。

結婚は「ゴールイン」とも呼ばれることがあり、恋愛関係を続ける最終目的のように考えている人も少なくはありません。

そのため、結婚後の生活にマンネリ感を感じてしまう人もいるようです。

また、子どもが生まれるなどのさまざまな要因によって、夫婦の時間を取ることが難しくなることも原因となります。

このように主な原因は夫婦間の関係が上手くいっていない、もしくは関係が離れつつあるということが恋愛ごっこの理由になるようです。

ここでは、既婚者が恋愛ごっこをする理由について詳しく紹介していきます。

理由になる事柄を潰しておけば、配偶者が恋愛ごっこを始める前に阻止できるかもしれません。

理由1・結婚生活にはない恋愛感情を求めている

冒頭でも解説した通り、既婚者が恋愛ごっこを始める原因は、結婚生活にはない恋愛感情を味わいたいという思いが大きいと考えられます。

結婚生活が長くなると、お互いに恋愛とは違った付き合い方になるのは、簡単に想像がつくと思います。

配偶者から見れば彼氏や彼女ではなく「旦那や妻」ですし、お互いの親族から見れば「義理の家族」として扱われます。

もちろん子どもが生まれれば「パパ・ママ」になり、結婚する前の彼氏・彼女の関係でいることはできないでしょう。

そのため、結婚する前に感じた恋愛のドキドキ感を再び味わいたいと考えてしまう人もいるのです。

しかし、ほとんどの人は結婚生活に幸せを見出しているのも事実です。

ひと時の恋愛感情と一生続く家族の関係のどちらが大切かを落ち着いて考えてみましょう。

理由2・モテるという自尊心を満足させる

異性からモテるということは、ほとんどの人にとっては嬉しいことではないでしょうか。

それは既婚者にとっても同じです。

これは人間が持っている自尊心が満たされることで、気持ちいいと感じるためです。

とくに昔はモテたというタイプの人は要注意です。

ほとんどの人は不倫や浮気の関係になることを恐れて、既婚者に恋愛を求めることはありません。

一部の人は不倫や浮気など関係なく恋愛をすることがありますが、割合から見ればそこまで多くはないでしょう。

そのため、結婚以前は異性からモテていた人も、結婚を機に異性から好意を寄せられることが少なくなるのは当然のことです。

しかし、異性から好意を持たれない状況が寂しいと感じてしまうことも。

恋愛ごっこはそんな空っぽになった自尊心を満たすために非常にちょうどいい行為かもしれません。

理由3・配偶者の浮気や不倫が原因になることも

配偶者の浮気や不倫をきっかけに、恋愛ごっこにハマってしまう既婚者も多いようです。

結婚生活を円満に進めるためにはさまざまな要因が考えられますが、そのひとつとしてお互いの気持ちがしっかりとお互いに向いていることが挙げられます。

お互いに配偶者の気持ちを尊重したり、ためになることをしてあげたいという気持ちを持っているときは、おそらく良好な夫婦関係を保つことができるでしょう。

しかし、どちらか一方でも気持ちが離れてしまうと、一気に関係が崩れてしまうこともあり得ます。

例えば、どちらかが不倫や浮気をしていることが発覚した場合は、夫婦関係に亀裂が入ってしまうことは容易に想像できるのではないでしょうか。

このように気持ちが離れているタイミングで、恋愛ごっこにハマってしまう既婚者は少なくありません。

理由4・セックスレス

夫婦関係が悪化する原因のひとつとして挙げられるセックスレスですが、これも既婚者が恋愛ごっこを始める要因になります。

そもそも恋愛ごっこは遊びの延長線上にある割り切った関係ですので、気軽に体の関係を求めやすい状況です。

そのため、夫婦噛んで性欲を満たすことができない既婚者が、恋愛ごっこの相手と性欲を満たすことがあるようです。

セックスレスの程度は夫婦の関係や体質などにもよりますが、おおよそ1か月以上セックスをしていないことが目安になります。

忙しかったり、体調がすぐれない、子どもが生まれるタイミングなど、お互いにさまざまな事情を抱えていることもあります。

1人で抱えずに夫婦の問題としてしっかりと時間を取るようにしてみると良いでしょう。

【既婚者 恋愛ごっこ】遊び

何度か解説していますが、既婚者の恋愛ごっこは遊びであることがほとんどです。

その理由は、しっかりと配偶者への気持ちが残っており、結婚生活を続けたうえでさらに遊びたいと考えているからだと考えられます。

遊びの関係であれば、いつでも元の結婚生活に戻ることができますし、後腐れがなくて手軽だからです。

完全に浮気や不倫だと思われる行為をしなければ、健全に昔のドキドキした恋愛を楽しめるところが、恋愛ごっこの良いところでもあります。

しかし、既婚者のなかには恋愛に慣れていて、本気か遊びかの判別がつかないこともあります。

そこで、次は既婚者の恋愛ごっこが遊びかどうかを判別するための言葉や行動について紹介していきます。

遊び1・ヒマなときだけ呼び出される

恋愛ごっこをしている既婚者がヒマなときだけ呼び出されるようなときは、遊びだと考えて良いでしょう。

不倫や浮気の場合は、配偶者を放ってでも何かと理由をつけて関係を持とうとしてきます。

例えば出張だと言って旅行に出かけたり、ゴルフと言ってデートをしたりと、何かと家庭からの脱出を企てることがあるのです。

しかし、恋愛ごっこの場合は第一優先が家庭になりますので、配偶者の予定や子どもの予定を最優先に行動することが多いようです。

そのため、恋愛ごっこをしている既婚者がヒマなタイミングだけ、遊びのお相手と会うことが多くなります。

仕事終わりのちょっとした時間や、休日の隙間時間などが主な活動時間になり、本気の恋愛をしている人よりも時間が限られることになるでしょう。

遊び2・将来的な発言はしない

既婚者の恋愛ごっこが遊びである限りは、いつかは終わりを向かえる関係ということになります。

そのため、既婚者の方から将来を見据えた発言は期待できないことがほとんどです。

現在の配偶者と離婚を考えているような浮気や不倫関係においては、今の配偶者と別れたら結婚をしたいなどと、将来的な約束をすることがあります。

しかし、恋愛ごっこにおいては、結婚相手のほうが優先されるため、離婚などは想定してません。

そのため、相手に将来のことを期待させるような発言はしないのです。

ただし、稀に恋愛ごっこの関係を長引かせるために、結婚をほのめかすような言葉をかけて、相手に期待をさせるようなことをする人もいます。

そもそも既婚者でありながらほかの異性に手を出している時点で、将来性はないと考えた方が良いかもしれません

遊び3・遅刻やドタキャンが多い

遅刻やドタキャンを良くするような人は、遊びで付き合っている可能性が高いと考えられます。

本来、相手に良く思われたいと思っていたり、好かれたいと考えている人は、遅刻やドタキャンなどのマイナスのイメージにつながるような行動はしません。

しかし、恋愛ごっこのように、別れてしまっても問題はないと考えているような場合には、遅刻やドタキャンといった嫌われるような行動をお構いなしでしてくるでしょう。

既婚者の場合は「急な家族の用事で」「配偶者にバレそうになった」などのそれらしい理由付けができます。

そのため、仕方がないことかも…と考えてしまいがちですが、残念ながらそれは遊ばれているだけかもしれません。

自分の予定が狂わされるのも納得がいかないですし、既婚者以外のお相手を探した方が無難かもしれません。

遊び4・あなたのこと「も」好き

恋愛ごっこにおける既婚者の気持ちは、第1に配偶者であり、その次が恋愛ごっこのお相手です。

そのため、「好き」という言葉を使う時にあなた「も」という言葉が混じることがあります。

もし、本気で浮気や不倫をしているのであれば、恋愛感情は配偶者よりも浮気や不倫相手の方に向いているはずです。

そのような場合には、「あなたの方が好き」という言葉の方が自然ではないでしょうか。

気持ちがブレているときは、言動がふわっとしたものになり、確実な言葉を投げかけることができなくなることがあります。

恋愛ごっこをするときは、いつか終わりが来ることを想定しながら付き合うことをおすすめします。

また、既婚者と付き合うことはそれなりにリスクがある行為であることを理解しておくと良いでしょう。

【既婚者 恋愛ごっこ】注意点

既婚者の恋愛ごっこは、結婚生活からは得られないような恋愛のドキドキ感を味わえるモノです。

若いころの青春などを思い出せるため、ついついハマってしまう人も少なくない様子。

しかし、裏返せば配偶者以外に愛人を作ることでもあり、その実態は不倫とほとんど変わらないと考えて良いでしょう。

ここでは、そんなリスクのある恋愛ごっこの注意点について紹介します。

まず初めに、恋愛ごっこはほとんどの配偶者に取っては許せない行為であることは認識しておきましょう。

ほとんどの人は想像ができると思いますが、不倫や浮気をされて気分が良くなる人はいません。

裏切られた気持ちにもなりますし、心が一気に離れていくことは間違いないでしょう。

注意点1・恋愛ごっこがバレたときのリスク

すでにお分かりのように、配偶者に恋愛ごっこがバレてしまったときは、かなりのデメリットがあることを覚悟してください。

最悪の場合は離婚になるというケースも少なからずあります。

冒頭でも説明した通り、配偶者や周りの人から見れば、恋愛ごっこは不倫や浮気にしか見えません。

本気ではなく遊びの付き合いだったとしても、残念ながら配偶者に受け入れて貰うことはできないでしょう。

もし、どうしても恋愛ごっこがしたいという人は、絶対にバレないように気を付ける必要があります。

結婚生活を続けていると、日常の些細な変化でも気付く可能性があります。普段しないような行動は、不倫や浮気を疑われる原因にもなります。

とくに男性は些細な変化や見落としから浮気がバレるケースが多いため、細心の注意を払って恋愛ごっこをすると良いでしょう。

注意点2・恋愛ごっこの相手に要注意

恋愛ごっこのお相手がどういった人物なのかにも注意しましょう。

というのも、恋愛ごっこを配偶者にバラさないことを条件に、さまざまな要求をしてくる場合があるからです。

要求はさまざまですが、金銭や体の関係を求めてくるケースもありますし、高級ブランドなどの物品を要求される場合もあります。

ほとんど恐喝とも言える行為ですが、配偶者との関係を壊したくないという考えから、要求を受け入れざるをえないような状況に陥ってしまう人もしばしば。

配偶者を捨ててでも付き合いたいという不倫や浮気と違って、配偶者との関係を保ちながら遊びたいという、既婚者の恋愛ごっこならではの注意点かもしれません。

こういったトラブルに巻き込まれないように恋愛ごっこのお相手選びには注意が必要です。

注意点3・本気にならないようにバランスは考える

自分は遊び遊びのつもりでも、お相手が本気になってしまったときは厄介なものです。

お相手に対する恋愛感情がないにも関わらず、自分への好意を向け続けられることは、正直気持ちの良いものではありません。

しかも、自分には配偶者がいる状況ですので、場合によってはお相手からの好意はリスクになる危険があるのです。

逆に、最初は遊びのつもりであっても、次第にお相手へ恋愛感情が芽生えてしまう可能性もあります。

疑似的な恋愛であっても、デートを繰り返すうちに気持ちが変化することは起こりうるものです。

もし、恋愛ごっこが本気になってしまった場合は、配偶者との間で板挟みになってしまうことも…。

恋愛ごっこをするときは、お互いに本気になりすぎないように、適度な距離感を保つことをおすすめします。

注意点4・恋愛ごっこの時間や場所に要注意

恋愛ごっこをするときは、配偶者にバレないことが前提条件です。

そのため恋愛ごっこのお相手と会う場所や時間には十分に配慮する必要があります。

例えば、自宅近くや職場の近くは絶対に控えるべきだということは、誰にでも理解できると思います。

また、配偶者の行動範囲をしっかりと把握しておくことも必要でしょう。

そのほかにも、共通の知人が多くいる場所や、知り合いに出くわす可能性がある場所も控えた方が良いでしょう。

さらに、時間にも気を遣う必要があります。

あまりにも遅い時間の帰宅や、仕事帰りに泊まりなど、明らかに不倫や浮気と思われるような行動は厳禁です。

日常生活を過ごすなかで少しだけ時間を割くようにするなど、工夫をしましょう。

【既婚者 恋愛ごっこ】不倫

既婚者の恋愛ごっこは、ほとんどの場合は不倫とみなされる行為です。

そのため、配偶者を大切にしたいと考えている人は控えた方が無難でしょう。

しかし、場合によっては恋愛ごっこでも許されるケースもあると考えられます。

というのも、夫婦によって浮気の定義が少し異なるからです。

極端に言えば、体の関係を持たなければ浮気ではないという夫婦であれば、食事や遊びに出かけることはセーフになります。

逆に、異性と2人きりで出かけること自体がNGであるという夫婦であれば、そもそも恋愛ごっこ自体が難しくなるでしょう。

このように、恋愛ごっこは非常にグレーゾーンな関係ではありますが、不倫との違いはどこにあるのでしょうか。

最後に既婚者の恋愛ごっこと不倫について考えてみましょう。

不倫1・夫婦間でどこまでがNGかは話しておく

そもそもどこからが不倫になるのかを、夫婦間でしっかりと話し合っておくことも重要です。

例えば、職場の関係の人と2人で食事やお茶をすることは許すが、2人で飲みに行くことはNGなどといった、取り決めをしておくことです。

また、具体的に取り決めをしなくとも、自分以外の異性とこれをされたら嫌な気持ちになるといった、ある程度のガイドラインのようなものを決めておくと良いでしょう。

これは恋愛ごっこをしたい人以外にも、不倫や浮気を疑われたくないと考えている人にも役立ちます。

要は相手が不倫や浮気とみなす行為を避ければ良いのです。

そうすることで、配偶者以外の異性とも上手に関係を保つことができるはずです。

ただし、あまりに強い束縛をうけると、逆効果になる可能性もありますので、ある程度余裕を持った設定にすることがおすすめです。

不倫2・体の関係を持つことは絶対にやめるべき

配偶者がいる状態で、別の異性と体の関係を持つことは絶対に避けるべきです。デートや食事などよりも圧倒的にリスクが高くなる可能性があります。

というのも、不倫の判断基準として不貞行為の有無が挙げられるからです。

不貞行為とは、法律上でも定められており、「配偶者以外の異性と自由意志で肉体関係を持つ「貞操義務違反」」とされています。

この不貞行為に該当した場合は、離婚する理由になったり、損害賠償請求を受けるリスクがあるのです。

離婚したうえに慰謝料を請求され、恋愛ごっこのお相手とは遊びの関係でそれ以上進展がない…そんな状況は避けたいですよね。

そのため、既婚者が恋愛ごっこをするときは、体の関係より手前で踏みとどまることがおすすめです。

不倫3・ちょっとした食事くらいは許される?

浮気に関するアンケート調査などで、どこからが浮気かを調べたところ、ほとんどの人が「手をつなぐ」「ハグをする」「キスをする」などの体の接触がある場合に、浮気と判断するという結果がでました。

じつは2人きりで食事をすることが浮気と回答した人は全体の1割にも満たないのです。

そのため、ちょっとした食事に出かけるくらいであれば、不倫とはみなされない可能性があります。

ただし、恋愛ごっこのお相手との関係性や、夫婦での考え方にもよりますので、一概に食事だけなら問題ないとも言い切れません。

そのため、可能であるならば、事前にこういった理由で食事に行きたいと伝えてみても良いでしょう。

ただし、配偶者を騙しているようで、あまり気分が良いものではないことはたしかです。

【既婚者 恋愛ごっこ】まとめ

今回はそんな恋愛ごっこにハマってしまう理由や注意点についてまとめました。

結婚生活からは得ることのできない恋愛のドキドキ感を味わえることが魅力の恋愛ごっこですが、さまざまなリスクがあることを認識してください。

もし、どうしても恋愛ごっこをしたいと考えている人は、ぜひ自己責任でお願いします。

とはいえ、マンネリ化した結婚生活は、なかなか張り合いがないことも事実です。

配偶者に対してドキドキすることも少なくなりますし、お互いの2人きりの時間を過ごすことも減ってしまうでしょう。

そんななかで、恋愛ごっこにハマる人がいても不思議なことではありません。

しかし、家庭があるからこそ気付ける幸せも存在します。

もし、配偶者に対する気持ちが少しでもあるなら、ほかの異性に手を出すのではなく、家庭環境を変えていく方が幸せなのかもしれません。

【既婚者の好きバレ】男性の恋愛と浮気の対処方法
【既婚者の好きバレ】男性の恋愛と浮気の対処方法既婚者の好きバレを詳しく解説します。男性の恋愛と浮気がバレた時の対処方法をご紹介します。...
【既婚者はモテる】特徴と男性と女性の理由
【既婚者はモテる】特徴と男性と女性の理由既婚者はモテる特徴を詳しく解説します。男性と女性のそれぞれ既婚者がモテる理由もご紹介します。...
恋愛依存をやめたい!自由を手に入れる方法
恋愛依存をやめたい!自由を手に入れる方法「恋愛依存から抜け出したいですか?自己価値を見つめ直し、健全な恋愛を築くためのスキルを学びましょう。あなたの回復を支援する情報がここにあります。」...