恋愛・婚活 PR

【既婚者の好きバレ】男性の恋愛と浮気の対処方法

【既婚者の好きバレ】男性の恋愛と浮気の対処方法
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

好きバレとは、自分が予想していなかったタイミングで、片思いの相手に好意がバレてしまうことです。

ほとんどの場合は、普段の会話や行動から好意が相手に伝わり、好きバレしてしまいます。

相手に好意が伝わることは、さまざまなメリットやデメリットがありますが、既婚者への好きバレにはさまざまなリスクが伴うかもしれません。

そこで今回は、既婚者への好きバレを防ぐ対処法とデメリットについて紹介していきます。

もし、密かに既婚者へ好意を持っている人は、ぜひ本記事を参考に、お相手との良い距離感を保つことをおすすめします。

Contents
  1. 【既婚者 好きバレ】男性の対処方法
  2. 【既婚者 好きバレ】不倫や浮気について
  3. 【既婚者 好きバレ】不覚な行動
  4. 【既婚者 好きバレ】女性への対処方法
  5. 【既婚者 好きバレ】好意がバレるデメリット
  6. 【既婚者 好きバレ】まとめ

【既婚者 好きバレ】男性の対処方法

【既婚者 好きバレ】男性の対処方法

まずは、男性が女性への好きバレを防ぐ対処法について紹介します。

既婚者への好きバレにはさまざまなデメリットがあります。というのも、既婚者にはもちろん配偶者がいますし、子どもがいたりと家族生活があります。

そのため、一方的に好意を向けたとしても、ほとんどの場合は受け入れられず、今の関係性すら壊してしまうリスクがあります。

お相手へ好意を持つということは、自分と近い関係にあることがほとんどでしょう。

今の関係を壊してまで、それ以上を望むのは良いことなのか、しっかりと考える必要があります。

好きバレはそんな今の距離感を崩してしまう要因です。

好意が相手に伝われば避けられてしまう可能性もありますし、周りからの冷やかしの対象になってしまうかもしれません。

そんな事態を避けるためにも、相手への好意は上手く隠す必要があります。

男性の対処方法1・目で追いかけるのはやめる

強すぎる視線は相手へ好意が伝わってしまう原因になるので、控えた方が良いかもしれません。

好きな人ができると、なんとなく視線で追いかけてしまう気持ちは理解できます。

しかし、とくに職場などでお相手だけに強い視線を受けることは、本人だけでなく周囲にもバレるリスクがあります。

女性は男性からの視線には思っている以上に気付きやすいものです。

気付かれないように視線を贈っているつもりでも、相手はその行為に気付いているかもしれません。

仕事のときはしっかり仕事に集中するなど、でき限り相手を意識しないように務めましょう。

ただし、意識しないように集中しすぎると、逆にお相手に意識を向けてしまうこともあります。

仕事量を増やしてみるなど、自然と意識しないような環境作りを心掛けるようにしましょう。

男性の対処方法2・挙動不審に注意

相手に好意が伝わらないように隠そうとすることで、挙動不審にならないようにしましょう。

とくに急にお相手とコミュニケーションを取る機会が発生したときに、挙動不審になってしまう人が多いようです。

例えば、目が泳いでしまったり、顔が赤くなったり、ついつい早口になってしまったりと、いつもとは違う様子が目で見て分かることもあります。

ほかの人とは普通にコミュニケーションがとれるのに、特定の女性と話すときだけ挙動不審になるといった行動は、好きバレの原因となることもあります。

挙動不審な行動ですぐに好きバレする可能性は低いですが、そのほかの傾向と組み合わさることで、好きバレの確信度を高めることになります。

コミュニケーションはほかの人と同じように接するように心掛けましょう。

男性の対処方法3・相手への興味は隠す

相手のことを知ろうとするあまり、なんでも質問攻めにしてしまったり、相手のプライベートへ踏み込むような質問をするのはやめましょう。

とくに職場などでは、よっぽどの関係ではない限り、プライベートに踏み込むような質問をすることはありません。

たとえ聞いたとしても社交辞令程度の質問で済ますことが多いでしょう。

しかし、相手に興味や関心を持っていると、どうしても相手のことをもっと知りたいという気持ちが大きくなってしまい、言動に現れやすくなってしまいます。

好意を向けているお相手が「自分に興味があるのかも」と感じてしまうことは、好きバレに直結することになりますので、余計な詮索はしすぎないように注意する必要があります。

男性の対処方法4・相手の配偶者を必要以上にうらやましがる

相手の配偶者を必要以上にうらやましがる行為は、裏返せば自分があなたと結婚したかったと伝えているようなものです。

飲み会や普段の会話の中で、社交辞令程度にうらやましいという気持ちを伝えることは問題ありません。

しかし、必要以上に配偶者をうらやましがる言動は、好きバレにつながる可能性もあるので控えるべきでしょう。

とくに女性的な面に対してうらやましいという気持ちを伝えることは、ほとんど直接的に異性への好意を伝えていることと同じです。

相手へ興味を持つ質問を繰り返すことと同じく、こちらもすぐに好きバレする可能性は低いでしょう。

しかし、日常的に配偶者をうらやましがる言動を繰り返すと、徐々に好意を持っていることが伝わってしまうこともありますので注意が必要です。

【既婚者 好きバレ】不倫や浮気について

【既婚者 好きバレ】不倫や浮気について

好きバレはさまざまなデメリットがあることをお伝えしましたが、じつは良い面もあります。

多くの人にとっては、異性から好意を向けられることは悪い気はしません。

既婚者のなかにも好きバレすることで関係性が進む可能性があります。

また、好きバレをしないように控えて行動していたものを隠さなくてす済むようになり、気持ちが楽になることでしょう。

しかし、既婚者と恋愛関係になることには、もうひとつのデメリットがあります。

不倫や浮気などのお互いにクリーンな関係ではいられなくなるということです。

不倫や浮気にはさまざまなデメリットがあります。

ここでは不倫や浮気のデメリットについて紹介します。

好きバレしたあともお相手と関係が続いていく場合には、リスクを考えて行動しましょう。

不倫や浮気について1・デートできる範囲が限られる

基本的に不倫や浮気の関係はバレてはいけないものです。

そのため、デートの行動範囲が限られてしまうことがあります。

共通の知人がいない場所にしたり、もちろん配偶者に遭遇することのないように隠れなければなりません。

また、場所だけでなく時間的な制約もあります。

毎週のようにデートをしたり、泊りがけのデートは難しいかもしれません。

また、仕事終わりのデートも、帰る時間が遅いこと怪しまれる可能性がありますので、長い時間を一緒に過ごすことはできません。

普通の恋人関係とはほど遠い存在になってしまうことも考えられます。

また、不倫や浮気の物的な証拠を残すことにもなりますので、迂闊にプレゼントを渡すこともできません。

このようにさまざまな制限を受けながら、関係を続けていくことになるため、もどかしく感じることもあるでしょう。

不倫や浮気について2 ・手は遊びで本気はない可能性も

例えどんなにあなたが本気であっても、お相手の最も愛する相手は配偶者であるということもあります。

つまり、単純に遊ばれているだけで、本気で相手にされていない可能性も考えなければなりません。

「恋は盲目」という言葉もある通り、恋愛に夢中になっていると周りが見えなくなることがあります。

それはお相手に対しても同じで、ついつい相手を美化してみてしまうこともあります。

そのうちに、相手に都合の良い相手として利用されてしまい、結果的に悲しい思いをすることも…。自分が相手に好意を持っていたとしても、両想いかどうかは分かりません。

少し関係が上手くいったからといって、相手には配偶者がいることを忘れないようにしましょう。

不倫や浮気について3・社会的立場や人間関係を壊してしまう

不倫や浮気をしていることが周囲にバレてしまうと、社会的な立場を失ったり、人間関係を壊してしまう可能性があります。

とくに職場の関連で異性と関係を持つときには注意が必要です。

例えば、職場内での浮気や不倫がバレてしまうと、周囲の目が冷たくなり人間関係がギクシャクすることもあります。

また、場合によっては昇進が遅れるなどのキャリアにも影響が出てくる可能性があるでしょう。不倫や浮気は社会的にも認められていない行為です。

近隣住民との関係や、子どもの学校生活などさまざまな面で不都合が生じる可能性もあります。

また、お相手の配偶者に不倫がバレてしまうと、法的な罰則を受ける可能性もあります。とくに罰金はかなりの大金になる可能性もあります。

不倫や浮気について4・慰謝料請求をされる可能性がある

不倫は社会的にも認められていない行為です。

そのため、お相手の配偶者に不倫がバレてしまったときは、慰謝料などを請求される可能性があることを知っておきましょう。

既婚者と肉体的な関係を持つことは不貞行為にあたり、違法行為とみなされます。

こういった違法行為が配偶者にバレた場合は、精神的な損害を理由に慰謝料などを請求されることがあります。

基本的には裁判所を通して請求が来ることになり、状況によって金額はまちまちですが、一般的には30万円~500万円程度の請求額になることが多いようです。

また、手続きや弁護士をとおしたやり取りに時間がかかる場合もありますので、金銭以外にも負担がかかることになります。バレなければ問題ないと考えがちですが、リスクが大きいことは理解しましょう。

【既婚者 好きバレ】不覚な行動

【既婚者 好きバレ】不覚な行動

好きバレはさまざまな言動からバレてしまうものです。

些細なことであっても、好きという気持ちは意外と相手に伝わってしまうものです。

とくに、既婚者は少なからず一度は恋愛を経験して結婚をしていますので、そういった気持ちには気付きやすいかもしれません。

そこで、ここでは好きバレしてしまうような不覚な行動を解説します。

もし好きバレをしたくないのであれば、ここで紹介する行動は控えるようにしましょう。

ただし、どれだけ注意していても、飲み会などのお酒が入った状況では、思いがけず態度に出てしまうこともあります。

とくに恋愛感情を持っている相手に熱中している状況では、好きバレする行動が出やすくなりますので注意が必要です。

不覚な行動1・相手を褒めすぎる

相手を褒めすぎる行動は、人によっては好意と受け止めることもありますので、遠回しに好きバレしてしまうこともあります。

社交辞令で人のことを褒めることもあるかもしれませんが、普通は興味関心のない人を褒めることはあまりないでしょう。

そのため、不必要に相手を褒める行為は、好きバレする結果につながる可能性があることも注意しましょう。

とくに相手の容姿を褒めるたり、女性的な一面を褒めたりする行為は、かなり好きバレのリスクが高くなります。

不用意に「かわいい」や「美人」といったような言葉を直接伝えることは控えた方がよいでしょう。

どうしても相手とのコミュニケーションを続けたいときは、褒める以外の言葉選びをしましょう。

日常的な何気ない会話や、相手と関係のない話をするようにするように心掛けましょう。

不覚な行動2・特別扱いをする

一人だけ特別扱いをすることは、相手にも周囲にも好きバレをしてしまう行為です。

例えば、プレゼントを一人だけに渡したり、食事を奢ったりすることは、特別扱いをされていると感じさせるかもしれません。

クリスマスプレゼントや誕生日、ホワイトデーなどの記念日などに、好きなお相手一人だけにプレゼントを渡す行為は、言わずとも好意を持っていることが分かるかと思います。

また、プライベートな行動だけであれば問題ありませんが、仕事やチームでの活動において、好きな相手だけを優遇して扱うケースも見受けられます。

好きなお相手を優遇して扱ってしまうと、仕事などに支障が生じる可能性もあります。

好きなお相手が特別扱いされていることで、人間関係に軋轢が生じる可能性もありますので注意しましょう。

不覚な行動3・些細な変化にすぐ気づく

これはついついやってしまいがちな行動ですが、相手の変化にすぐ気付いてしまうことは好きバレしてしまう要注意ポイントです。

そもそも、相手の変化にすぐ気づくためには、普段からお相手のことをしっかりと見ていないとできないことです。

どの程度の変化かにもよりますが、前髪を少し切っただけや、香水のニオイが変わったなど、普通であれば絶対気付かないようなことであれば、自分に興味や関心があることを気付かせてしまいます。

それどころか、逆に気持ち悪いと感じることもあります。

自分の変化に気付いてくれてうれしいのは、彼氏や配偶者などの好きな相手にだけです。

自分の興味ない相手から普通は気付かない変化を指摘されると、気味が悪いと感じる人もいます。

もし、相手の変化に気付いたとしても、状況によってはスルーした方が無難でしょう。

不覚な行動4・過去の言動を逐一覚えている

好きな相手のことはなんでも印象に残りやすいものです。

そのため、お相手が以前に話していた内容も、逐一覚えてしまうことも仕方のないことでしょう。

逆に言えば、興味のない相手の話はほとんど覚えていないものです。

楽しく会話をしているうちに、お相手すら覚えていないような昔の話がポロっとでてしまうこともあります。

このような会話をしているうちに、お相手は自分に興味関心を持っていることを悟られてしまうことも。

好きであることを隠すのは非常に難しいことです。

どうしても相手の興味を引きたくなったり、気持ちを伝えたりしたくなってしまうことも自然な行動でしょう。しかし、今の関係を続けていくためにも重要なことでもあります。

できる限り自然に会話ができるように、意識してコミュニケーションを取りましょう。

【既婚者 好きバレ】女性への対処方法

【既婚者 好きバレ】女性への対処方法

既婚者への好意が相手に伝わってしまった場合は、ほとんどの場合は関係性が良くなるか、悪化するかの2択になります。

好意を抱いていることが相手に伝わることによって、どのような形であれ関係がさらに進展する可能性もあります。

場合によっては不倫や浮気関係になることもあるでしょう。

逆に相手から避けられたり、関係が希薄になってしまったりと関係が悪くなってしまう可能性もあるでしょう。

そこで、少なからず今までの関係を保つことができるように、好きバレしてしまったときの女性への対処法について解説します。

好きな相手に避けられるのはとても辛いことです。

好きバレしても適切な距離で関係を続けたいと考えている人は参考にしてみてください。

女性への対処方法1・考えすぎないことが重要

好きバレしたからといって、考えすぎないようにしましょう。

そもそも相手は既婚者ですので、配偶者以外の異性と関係を持てないということを理解してください。

もし、自分が本当にお相手のことが好きなのであれば、相手の気持ちや立場を考えてみると良いでしょう。

お相手には配偶者や子どもがいるなど家庭があります。

また、もし、不倫や浮気をしているというウワサが広がれば、家庭環境が壊れてしまうリスクがあるのです。

そのため、自分に好意を持っている男性がいたとしても、避けてしまうことは自然な反応と言えるでしょう。

そのため、相手の態度が急に変わったからといって焦る必要はありません。

いつも通りの接し方を続けて行くうちに、普段通りの距離感に戻ることができるかもしれません。

女性への対処方法2・いつも通りの接し方に徹する

好きバレしたからと言って、とくに接し方を変える必要はありません。

いつも通りの接し方に徹するようにしましょう。

へたによそよそしい態度を取ってしまうと、今までの関係性を崩してしまう可能性もあり、普通に会話することすらできなくなってしまう可能性も。

そんな事態を避けるためには、好意を知られてしまった後も普段通りに接することです。

そうすることで、関係性が進むことはありませんが、崩れることもないでしょう。

万が一、相手がよそよそしくなっても、普段通りのスタンスで接するようにしましょう。

時間が経つにつれて相手の対応が元に戻る可能性もありますし、元の関係に戻ることもできるでしょう。

まずは、現状を維持することを目的に、距離感を保って相手の反応を見ることがおすすめです。

女性への対処方法3・一方的なアプローチは厳禁!

本来であれば異性から好意を持たれることは悪い気のしないことですが、既婚者は簡単に喜ぶことができません。

どうしても配偶者や家族との関係が気になってしまいますし、さまざまなリスクを背負ってまで配偶者以外の異性と付き合うことは避けたいと考えるでしょう。

それ以上のアプローチを受けないためにも、接触を避けたり、よそよそしい態度を取ることもあります。

しかし、そんなお相手にたいして一方的に好意を向けることはNGです。

既婚者であるという相手の立場を無視して自分の気持ちを続けると、迷惑だと思わせてしまうかもしれません。

また、あまりにしつこくアピールをしてしまうと、好意どころか嫌悪感になってしまう可能性もあります。

好きバレしてしまったからといって、大胆に行動するのではなく、慎重に行動するようにしましょう。

女性への対処方法4 ・しだけ距離をとる

完全に避ける必要はありませんが、少しだけ距離を取って見ても良いかもしれません。

まずは、好意を持たれていると気付いたお相手の気持ちを考えてみましょう。

迷惑に感じているのか、それとも内心はうれしく思っているのか。

相手がどのように感じているかによって取るべき行動は変わってくるでしょう。

そのため、一歩を身を引くことによって、状況をしっかりと見極めることが重要です。

そして、次に取るべき行動をしっかりと考える時間を作りましょう。

また、既婚者と関係をもつことにはさまざまなデメリットがあります。

そこで、相手との関係について、冷静になって考えてみても良いかもしれません。

もしかしたら一次的な感情で行動してしまっていることもあるかもしれません。しっかりと考える時間を設けてみましょう。

【既婚者 好きバレ】好意がバレるデメリット

【既婚者 好きバレ】好意がバレるデメリット

最後に好きバレしてしまった際のデメリットについて紹介していきます。

先ほども少し解説しましたが、好きバレすることによって、関係性が2つに変化する可能性があります。

1つは関係性が進展することで、好意を持っている相手と良好な関係が築けるパターンです。

不倫や浮気にならなければ、良い関係を築くことができるかもしれません。

もう1つはいままで築いた関係性が破綻してしまうパターンです。

既婚者が家族関係などを理由に、好意を寄せてくる人を避けようとする可能性があり、距離をおこうとする可能性があるからです。

どちらのパターンになるかは、お互いの関係性やお相手の考え方にもよるため一概にはいえません。

そのため、好きバレしないようにすることが一番の対処法になるのです。

好意がバレるデメリット1・相手から避けられる

好きバレしてしまったことによって、お相手に避けられてしまう可能性があります。

既婚者は家族などのさまざまな理由から、配偶者以外の異性と関係を持つことができません。

人によっても不倫や浮気でも問題ないという場合もありますが、ほとんどの場合はそのような人は稀と考えた方が良いでしょう。

そのため、既婚者は好意を持って近づいてくる人を避けようとすることがあります。

今までは普通に会話ができていた相手で相手であっても、必要最低限の会話しかできず、関係が希薄になってしまうことも。

いままで通りの関係を続けたいのであれば、相手に好意を悟られないことが重要です。

そのためには、ポイントを押さえて、お相手とのコミュニケーションを取ることを心掛けましょう。

好意がバレるデメリット2・お相手以外の人間関係が壊れる

好きバレがバレてしまうと、お相手以外の人間関係が壊れてしまう可能性があります。

分かりやすく例えれば、お相手に好意を持っていることが配偶者にバレてしまったことなどを想像してみてください。

おそらく簡単に予想がつくと思いますが、確実にトラブルになってしまうでしょう。

これが職場などの関係で考えてみると、これ以上恐ろしい状況はないでしょう。

また、お相手の配偶者以外にもトラブルになる可能性があります。

例えばお相手の友達や同僚などは、既婚者に手を出すような人間というレッテルを貼られ、あまり良い印象は持たれないでしょう。

職場の人間関係を壊してしまうと、自分の業務に影響がでたり、居づらくなってしまいます。

とくに職場では既婚者との距離感には注意しましょう。

好意がバレるデメリット3・気持ちの面で落ち着かない

既婚者への好意が周囲にバレてしまうと、気恥ずかしいと感じることもあるでしょう。

異性に好意を抱いてしまうことは仕方のないことですが、相手が既婚者であることは少し問題かもしれません。

世間一般的に不倫や浮気は良いものとは考えられていません。

そのため、周りの視線が冷たく感じたり、罪悪感に悩まされることも。

人によっては仕事がおろそかになってしまったり、プライベートも捗らなかったりと気持ちが落ち着かないこともあるでしょう。

気にしないことが一番ですが、好きな人のことになれば気になってしまうのは仕方のないことです。

そんなときは、相手との関係に区切りを付けてしまうことも検討しましょう。

そもそも既婚者との恋は成就すること自体が稀なことです。

いまの叶わない恋にとらわれるよりも、新しい恋を見つけた方が幸せなこともあります。

マッチングアプリを利用してみるなど、次の恋に切り替えて見ても良いかもしれません。

好意がバレるデメリット4・緊張感がストレスになる

好きバレしてしまったときは、相手から避けられたり、人間関係が壊れてしまったりなどのリスクが伴うため、変な緊張感が生まれてしまうこともあります。

相手との今後の関係がどうなっていくのかは、とくに気になるポイントかもしれません。

また、お相手が周囲の人間に、あなたから好意を持たれているということを相談した場合は、ウワサが一気に広まることで、コミュニティに居づらくなることも想定されます。

自分の恋心が思わぬ形で広がっていくかもしれないという緊張感は、気が休まることがなく辛いと感じるでしょう。

お相手と普段通りにコミュニケーションが取れないことや、周囲の人たちに好きバレしているかもしれないと無駄に警戒しながら過ごすことになりかねないため、ストレスを感じやすい人は注意した方がいいでしょう。

【既婚者 好きバレ】まとめ

既婚者への好きバレを防ぐ対処法とデメリットについて解説しました。

例え既婚者が相手であったとしても、恋心を抱いてしまうのは仕方のないことです。

しかし、その好意が相手に伝わってしまうとさまざまなデメリットがあるのは紹介した通りです。

万が一、関係が進展して付き合うことになったとしても、それは不倫や浮気と呼ばれる好意で、周囲からの社会的にも認められない恋愛になってしまいます。

そのため、もし既婚者に恋心を抱いてしまったら、早いうちに自分の心にけじめを付けた方が良いでしょう。

新しい恋を探すことは、気持ちを切り替えるためにも重要なことです。

積極的に合コンに参加してみたり、マッチングアプリを活用してみるなど、次のステップに進めるようにしてみてはいかがでしょうか。